思ったより元気そう? 「フラッシュ」が"療養中"オセロ中島の最新写真を掲載

日刊サイゾー / 2012年3月13日 8時0分

写真

 2月28日、所属事務所関係者らによって、渋谷区の自宅マンションから家族の元へ"奪還"されたオセロの中島知子。その後、所属事務所は「国内で療養している」とだけ発表していたが、実際にはホテルにいるのか、病院にいるのか、その他の施設にいるのか、まったくわからない状況だった。それゆえ、芸能マスコミ各社は、都内の主要ホテルから病院にまでスタッフを張り付かせ、現在の中島の姿を押さえようと必死で報道合戦を繰り広げている。

 そんな中、3月13日発売の写真週刊誌「フラッシュ」(光文社)に、中島の最新の姿が掲載されることがわかった。同誌関係者が語る。

「写真は読者から持ち込まれたもの。3月上旬、宿泊していた都内のホテルの廊下で偶然中島を発見し、声をかけたら本人だと認めたので、こっそり写メを撮影したそうです。それ以上の会話はできなかったそうですが、中島は元気そうに傍らのスタッフとおぼしき女性と談笑していたようで、いわゆる"マインドコントロール"の影響があるようには見えなかったとか。体型も写真を見る限り、激太りとして騒がれた時に比べると、若干ですが細くなっているイメージです」

 また、写真に写っている、ロングのTシャツとスウェットのパンツのようなものをまとう、リラックスした中島の姿からは、近い将来、公の場に出てきてもおかしくなさそうな印象を受けたという。

 中島といえば、現在、脳機能学者の苫米地英人氏がそのカウンセリングに当たっていると一部で報道されているが、この点について、苫米地氏本人は肯定も否定もしていない。クライアントに関わる情報ゆえ秘匿するのは当然だろうが、自身のブログでは、あくまで仮定として、「いわゆる『洗脳』のレベルであれば、既に峠を越え、ご両親やご家族とそれなりの和解をし、食事などを共にするぐらいの段階であると言えるでしょう」と意味深な書き込みをしている。当サイトの取材に対しても、苫米地氏は「ブログに書いている通り」と多くを語らない。

 「フラッシュ」の掲載写真が、今の中島の真実の姿を写しているとすれば、苫米地氏の「峠を越え」という表現が真実味を帯びてくるが、一方で、写真だけで判断するのは早計ともいえる。1日も早く記者会見などで、中島本人の口から近況を聞きたいところだが、彼女に近い関係者によると「その予定は当面ない。少なくとも数カ月は表に出ることなく、芸能界復帰のための療養に当てることになるでしょう。情報が少ないゆえに、根も葉もない報道が先走りしてしまうかもしれませんが、それが本人の耳に入り、余計な負荷がかからなければいいなと心配しています」と漏らす。

 今回、中島の写真が表に出ることで、過熱した報道合戦は少しは落ち着くのだろうか。


※画像は松竹芸能公式サイトより
 


【関連記事】

「中島問題の急先鋒が......」芸能リポーター井上公造が突如"自粛ムード"に転んだ裏側

「事務所辞めたい、どっかないですか?」幻冬舎・見城徹が明かすオセロの不仲ぶり

芸能界を平常営業に戻すべく......オセロ中島騒動の収束に"大手芸能プロ"が動いた!?

「救出の瞬間を押さえろ!」オセロ中島の"オイシイ"洗脳騒動 芸能マスコミはウハウハ

「売名に、視聴率アップに!」とことん利用されるオセロ中島の"洗脳"騒動

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング