新聞・週刊誌にバッシングされる脱原発の旗手・坂本龍一のアキレス腱は「オンナ」?

日刊サイゾー / 2012年8月14日 8時0分

写真

 最近では脱原発運動にも熱心に取り組む、"世界のサカモト"こと坂本龍一。デモ参加中の「たかが電気」との発言に対し、産経新聞がコラムで取り上げて批判するなど、一部マスコミからのバッシング報道が沸き上がっている。8月8日発売の「週刊文春」(文藝春秋)では、「異様なNYエコライフ」と題された記事で、坂本のセレブな生活ぶりが揶揄的にレポートされている。

「昨年7月には坂本氏のインタビュー記事を掲載するなど、同氏の脱原発活動に好意的だった文春ですが、今年に入って新谷学編集長体制になってから編集方針が変わりましたね。スクープ主義を打ち出して大物のスキャンダル記事を次々と掲載する一方、東電や原発を批判する記事は明らかに減りました。坂本バッシング記事の掲載も、そうした流れの一環と見ていいでしょう」(別の週刊誌記者)

 そんな中、一部の週刊誌では坂本氏の女性スキャンダルを追う動きも出ているようだ。

「坂本氏にとって最大の魅力であり、またアキレス腱でもあるのが女性問題です。"現代のカサノバ"と呼ばれるほど旺盛な精力を誇り、数々の女性と浮名を流す中で、トラブルに発展したケースも少なくありません。音楽業界では、若き日の坂本さんが女性ファンに手を出すだけでは飽きたらず、ある有名女性シンガーを強引に組み伏せたという逸話が語り継がれています。DV癖もあるとささやかれる坂本さんですから、俳優・森本レオのような"古傷"が出てこないとも限りません」(前出の記者)

 かつては、嫌いな音楽は絶対に聴かないと公言し、気に入らない服装をしていた友人と絶交するなど、自らの美意識に反するものを徹底して退けてきた坂本龍一。ところが、最近の脱原発イベントでは、どう見ても坂本氏の好みとは思えないバンドとも共演している。これは人間的に円くなった結果なのだろうか?

「坂本さんは確かに円くなりました。周囲の人を怒鳴ったりすることもありませんし、共演の申し込みにも、よく応じるようになりました。その背景には、事務所の経営状態がさほど良くないという事情もあるようです。自身のコンサートにエコ電力を導入するなど、相当の資金を音楽活動につぎ込んでますからね。そんな中、事実上の妻である事務所社長のSさんが、坂本氏をうまくコントロールしている面も大きいでしょう」(レコード会社関係者)

 デビューから30年以上、日本の音楽界の話題の中心には、いつも坂本龍一がいた。音楽関係者の一部には「音楽よりも人間性のほうが面白い」と揶揄する向きもあるが、今後も硬軟取り混ぜた話題を提供してもらいたいものだ。
(文=市村彰)

※画像は『坂本龍一[音盤] ビートサウンド』(ステレオサウンド)


【関連記事】

「引退をにおわせる作戦も!」矢沢ビジネス健在──なぜ今"永ちゃん節"がメディア席巻なのか

「『圏内の歌』は避難勧告の歌じゃない」言葉にならない無数の歌と向き合った七尾旅人の500日

「"お祭り"デモは社会を変えるか?」活発化する反原発・脱原発運動に見る現代デモ事情

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング