「実はドタキャンだった!?」日テレ『芸能★BANG+』に"洗脳"占い師が出演しなかった全真相

日刊サイゾー / 2012年5月14日 8時0分

写真

 中島知子を洗脳した占い師が番組に登場しなかったのは、ドタキャンだったという話が聞こえている。

 ゴールデンウィークの特番、5月4日に放送された『芸能★BANG+』(日本テレビ系)で、「オセロ中島騒動のあの占い師が登場」と事前に散々あおりながらも、実際に登場したのはその占い師Iと同居していた別の占い師で、視聴者からは批判の声が噴出。しかし、その理由を日本テレビ関係者に取材中のスポーツ紙記者によると、「実際にIに出演してもらう予定だった」というのだ。

「もともと深夜にやっていた同番組がいきなりゴールデン特番となったのは、Iの出演が極秘に決まっていたからで、Iの恋人だという実業家男性のK氏を通じて交渉。"Iを批判しない"ことや"放送される部分を事前にチェックする"ことなどを条件に、OKをもらっていたというんです。番組の目玉になると局もゴーサイン、でも直前になってK氏の側近が集団暴行されるという事件が起こってしまい、事態は急展開したと」

 こう話した記者は、実際にK氏の側近を取材。同人物は占い師の修行中である40代男性で、4月下旬に千葉県内のスナックを出たところを5人組の男性に待ち伏せされ、殴る蹴るの暴行を受けた。現在、地元警察署も傷害事件として捜査中だという。そのため、負傷した姿の撮影はしたが「質問には答えてもらえなかった」という。

「ただ、男性は"自分はK氏と間違われた可能性がある"と語っており、番組スタッフを通じて自分の情報が漏れたのではないかと疑心暗鬼になってしまったK氏により、Iの出演もキャンセルされてしまったという話です」(同)

 番組出演と暴行事件に関連性があるかどうかは分かっていないが、慌てたのは出演ありきで進めていた番組関係者。

「本来なら番組内容の変更を伝えるべきところ、Iが出演するかのような演出を変えなかったのは、スポンサーなどへの引っ込みがつかなかったかららしい」(同)

 番組のコピーは「オセロ中島騒動あの占い師VS内田裕也」で、"同居占い師"でもウソではなく、そのままでもいけると判断したのかもしれない。ただ、番組では高嶋政伸と離婚裁判中の美元をめぐるコーナーが「ついに離婚を決意」とあおったほどの話になっていなかったり、淡路恵子と遠野なぎこのバトルをあおりながら次回放送という予告で終わったりと、ほかにも誇大広告のような部分は見受けられた。

 番組内では、元サッカー選手の本田泰人が再婚したばかりの一般人との離婚を決意したと打ち明け、フリーライターの片岡亮がIの恋人の存在を明かし、ブレイク中の芸人スギちゃんが占いによる改名を告白、占い師・奥久津まるもが日本人メジャーリーガーの妻も顧客だと話すなど面白い話も多々あったのだが、過剰な演出のせいで吹き飛んでしまった。ただし、視聴者の批判と引き換えに番組の視聴率は12.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、そこそこ高かったようだ。

※画像は日本テレビ『芸能★BANG+』公式サイトより


【関連記事】

「オセロ・中島に大物が指示!?」元女性占い師I・Rがひた隠す洗脳騒動のキーマンとは

"洗脳騒動"のオセロ中島知子がマラソンを走る!? 『24時間テレビ』が仰天オファーか

「一心不乱に美顔ローラー」オセロ中島と同事務所のTKO木下にも"疑惑"の目

「何日か泊めて」とSOSも......オセロ中島知子を"洗脳"した女性占い師の行方

単なる偶然!? オセロ中島"奪還"スクープのスポニチ一面下に「自己暗示術」の広告が

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング