"二股男"塩谷瞬、2度目の釈明会見で"熟女リポーター集団"がここぞとばかりに総口撃!

日刊サイゾー / 2012年5月15日 8時0分

写真

 "二股男"の塩谷瞬が今月8日、舞台「土御門大路 陰陽師・安倍晴明と貴船の女」の公開舞台稽古前に取材に応じた。塩谷が公の場で会見に応じるのは、1日の"涙の謝罪会見"以来。会場には50人以上のマスコミが殺到したが、物議を醸したのは塩谷の対応......ではなく、塩谷に容赦ない質問を浴びせた"熟女リポーター集団"だった。

「自分の人生を見つめ直し、これからは役者として必死に頑張っていきたい」と、うつむきながら語る塩谷に、熟女軍団は「前回は、なぜ泣いていたの?」「今日は泣かないの?」と声を上げる。

 これに塩谷は「自分の不甲斐なさもありましたし、それが糧になって、このお芝居を伝えられたら......」と答えるのがやっと。会見は歌舞伎俳優・市川月乃助ら共演者のフォローもあり、終始和やかムードで進行したが、"消化不良"の一部リポーターは「共演者に救われましたね」とチクリ。これに塩谷が「本当にすごく支えられて......」と言葉を詰まらせると、すかさず「あれ? また目が潤んでませんか(笑)」と声を弾ませる。

 こうしたやりとりに顔をしかめる男性は多く、現場にいた40代の男性記者は「塩谷は"女性の敵"なのかもしれないが、あれだけチクチク責めるのもどうかと思う。芸能界は一般社会と違って"女遊びも芸の肥やし"と言うしね」と話す。

 別の男性記者も「そういえば、熟女リポーター軍団は同じく二股交際が問題になった山路徹さんの会見の時も、ここぞとばかりにエゲツない質問を浴びせていた。この手の会見が開かれると、彼女たちはいつも以上に気合が入っていますよ(笑)」と明かす。

 ネタに飢えた"熟女リポーター軍団"の次なる獲物は、果たして。

※塩谷瞬オフィシャルブログより


【関連記事】

「モテ本を書かせたい!」合コンから高級クラブまで......モテまくる塩谷瞬に出版業界が興味津々

相当額の"被害"も──無名の役者から一躍時の人になった塩谷瞬は「まるで結婚詐欺師!?」

「5股、隠し子疑惑も......」塩谷瞬 大手事務所から独立したらスキャンダルが押し寄せてきた!

事実上のファンクラブ閉鎖! 元KAT-TUN赤西仁、いよいよジャニーズ解雇か

「男運抜群!?」芸能界入りからキャバ時代の人脈を駆使しまくった井上和香の剛腕人生

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング