AKB48高橋みなみ母淫行事件 スポーツ報知報道自粛の舞台裏が明らかに

日刊サイゾー / 2012年2月17日 8時0分

写真

 スポーツ紙の雄、スポーツ報知が、"超一級の情報"流出で揺れている。「部内の雰囲気は最悪。バカなデスクのせいで、参りますよ」と現場記者は嘆きまくっている。

 「芸能デスク日誌」なるブログが、一般の目にさらされてしまった。現段階ではすでに一部を除き削除されているが、残された一部がこれまたエグい。

 「幅広く読まれることを前提にしていない内部文書ですから、正直に書きたい放題ですよ。よく新聞紙面に"デスク日誌"みたいな連載がありますが、どうせならこういうものを連載にしたほうがいい。単行本にしても売れると思いますよ」と同業他社のデスクは、対岸の火事とばかりに冷ややかだ。

 さらされた日誌では、高橋みなみの母親が淫行疑惑で逮捕されていたというニュースを受け、編集局幹部と「今後のことも考えてやりたくない」「そっちがやりたくないのなら入れなくてもいい」といったやり取りがあったことなどが事細かに説明されている。現場記者の報告、同業他社の動きなども生々しい。なぜ、このようなものが流出してしまったのか。関係者が明かす。

「この日誌はいわゆるデスクの引き継ぎノートですが、昨年までは普通のノートでやっていた。今年1月からブログでやり始めたようです、担当デスク4人だけがそれにアクセスできるものだったそうです。ところがデスクは、コンピューターに詳しくもない40代の連中ですから、セキュリティーなんてまったく無頓着。何かの手違いで公開されてしまった。ブログで引き継ぎをやっているということも、現場の記者の大多数は知らなかったようで、あきれ返りますよ」

 頭を抱える現場記者は「こんな情報が流出してしまったら、誰もネタなんて振ってくれませんよ。しばらくうちはダメでしょうね」と白旗状態。いっそのこと、この文章を「リアルデスク日誌」として出版したほうが儲かるのでは......?


【関連記事】

AKB48高橋みなみ母の淫行逮捕 時事・共同以外の大手マスコミは"事務所の意向"でスルー

AKB48大島優子とウエンツ瑛士が交際継続中!? 大手メディアが後追いできない深い理由

「明らかに働きすぎ」柏木由紀ダウンで握手会中止 問われる"AKB商法"の臨界点

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング