今後のドラマ界を担うのは......? 平均視聴率で見る若手ジャニタレの実力

日刊サイゾー / 2012年7月17日 8時0分

 以前、SMAPと嵐の、ゴールデン/プライム帯主演ドラマのメンバー別平均視聴率についての調査を行った。

 今回は、嵐(1999年デビュー)以降にデビューした、今後のドラマ界を担う若手ジャニーズタレントの主演ドラマが、どのぐらいの視聴率を獲得しているか。関東地方のデータをもとに調べてみた。

 まずは、2002年デビューのタッキー&翼、滝沢秀明から。ジャニーズJr.時代から大人気だっただけあって、松嶋菜々子との恋愛が大きな話題を集めた『魔女の条件』(TBS系・99年)など、Jr.時代からすでにドラマでも活躍。連続ドラマの初主演は、2000年の『太陽は沈まない』(フジテレビ系)で、CDデビューより2年も早い。その平均視聴率は16.9%、その後も『ストロベリー・オン・ザ・ショートケーキ』(TBS系・01年)17.3%、『アンティーク~西洋骨董洋菓子店~』(フジ系・01年)17.7%など、CDデビュー前に高い視聴率の主演連続ドラマを連発。そしてタッキーといえば、05年のNHK大河ドラマ『義経』の主演も印象深いが、やはりこれが平均19.4%と、タッキードラマで最も平均視聴率が高い。しかし、『義経』の後に主演した『オルトロスの犬』(TBS系・09年)で、いきなり8.3%と急落、その後、主演の連ドラがないのがちょっと気がかりだが、タッキー主演ドラマの平均視聴率は、7本で15.2%。

 続いて、2003年にNEWSとしてデビュー、現在はソロで活躍中の山下智久の主演ドラマはどうか。連ドラ初主演作は、06年の『クロサギ』(TBS系)で、平均視聴率は15.7%。最も視聴率が高かったのが07年の『プロポーズ大作戦』(フジ系)の17.4%で、低いのが今年放送の『最高の人生の終り方~エンディングプランナー~』(TBS系)の11.1%。山P主演ドラマの平均視聴率は、6本で15.2%と、タッキーと同じ数値を記録した。一方、05年に放送された『野ブタ。をプロデュース』(日本テレビ系)は、「特別出演」扱いではあったものの、実質、亀梨和也とのW主演状態だと考えて、この平均視聴率16.9%も加えた場合には、15.4%まで上昇する。

 04年CDデビューの関ジャニ∞はどうか。今年の春クールで、錦戸亮が本人役として、ゴールデン初主演となった『パパドル!』(TBS系)が記憶に新しいところだが、視聴率的には平均8.2%と苦戦、23時台で主演した『犬を飼うということ~スカイと我が家の180日~』(テレビ朝日系)の8.5%を下回ることとなってしまった。同じ関ジャニメンバーの大倉忠義も、NHKでの主演ドラマ『ROMES/空港防御システム』が5.2%と、こちらも苦戦。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング