木村拓哉「2度の摘発・免停でもCM継続」に見るトヨタとジャニーズの"共犯関係"

日刊サイゾー / 2012年3月18日 8時0分

 国内ナンバーワンの自動車メーカー・トヨタ自動車のCMに出演するキムタクことSMAPの木村拓哉に思わぬスキャンダルが発覚してしまった。

 「週刊文春」(文藝春秋)3月22日号によると、キムタクが昨年9月末、千葉県の千葉東金道路で妻の工藤静香を乗せ、愛車のシボレー・アストロで走行していたところ、40キロ未満のスピード違反で取り締まりを受け、反則金を納付していたというのだ。

 同誌が15日に発売されることを受け14日、所属するジャニーズ事務所はキムタクが今年1月下旬にも、東京都内の一般道路で20キロの速度オーバーを犯し、再び反則金を納付するとともに、点数制度によって免許停止処分となったことをマスコミ各社に発表。キムタクは2度の交通違反での摘発について、所属事務所を通じ「誠に申し訳なく、深くおわび申し上げます」と謝罪。現在は免停期間を過ぎているものの、キムタクは仕事・プライベートでの運転を自粛しているという。

「14日の夕方はテレビ各局が夕方以降のニュース番組でさらっと取り上げていたが、一夜明けた15日にはパタっと止めた。テレビ各局にジャニーズサイドからの圧力があったのは明らか」(週刊誌デスク)

 トヨタのCMに出演しながらシボレーに乗っていたことに加えて、2度のスピード違反による摘発。にもかかわらず、トヨタの広報部は各スポーツ紙に対し、「2度とも代理店を通じて報告をいただいております。私どもとしては交通ルールの違反は誠に遺憾」としたものの、CMは本人の反省をふまえ継続することを明かした。

「キムタクが昨年9月に摘発された時点で、トヨタにはジャニーズから連絡が入ったようだが、事務所サイドの意向で公表を差し控えたようだ。今年1月のケースも同様で、いわばトヨタとジャニーズは"共犯"。CMの契約金も含めかなりの巨額を投じたビッグプロジェクトなので、そう簡単に降板させるわけにはいかなかったようだ」(広告代理店関係者)

 キムタクレベルになると、たとえ不祥事を起こしても周囲の人間が必死で守ってくれるということか。


【関連記事】

「まるで金持ち特区!」TOKIO山口達也 無免許運転の裏に地元警察の怠慢があった!?

「さらし者!?」TOKIO山口達也の無免許謝罪会見に"天敵"東スポ・週刊女性参戦の裏側

「ずっと仲間だ」未成年喫煙で無期限活動停止のHey!Say!JUMP森本龍太郎に高木雄也がエール

「若手ライブに乱入もファン困惑......」SMAP中居正広 異変の狙いは次期ジャニーズ社長か

「アジアで最後の大仕掛け!?」ジャニー喜多川がギネスブックで顔出しした本当の狙い

日刊サイゾー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング