「物忘れと逆ギレがひどすぎた」めざまし大塚範一キャスター"卒業"の真相

日刊サイゾー / 2012年3月19日 8時0分

写真

 急性リンパ性白血病の治療のため昨年11月から長期休養中で、2月末をもって長年担当していた朝の情報番組『めざましテレビ』を卒業したフジテレビの"朝の顔"こと、大塚範一キャスター。番組は4月からリニューアルし、後任を同局の三宅正治アナウンサーが務めることになる。

 長年、お茶の間に慣れ親しんだベテランキャスターの降板を惜しむ視聴者の声は多いが、実は現場での評価はいまひとつだったという。

 共演者や現場関係者が特に悩まされていたのは、大塚キャスターの「忘れっぽいところ」だと証言するのは、ある現場関係者。同番組の放送作家などとも近しい彼は、"舞台裏"の大塚さんについてこう語る。

「とにかく彼は段取りを覚えてくれず、裏方も出演者も困っていました。会議や朝の打合せで何度伝えてもダメで、構成会議で自分が提案した内容も忘れてしまう。ある時など、大塚さんの提案通りに若手が動いてみたところ、その様子を見た大塚さんが『独断専行した』と思い込み、カメラが回っていないところでその若手を怒鳴りつけたそうです。こういったことは日常茶飯事でしたよ」

 大塚キャスターの物忘れの激しさは近年顕著になり、それに加え、スタッフに対して傲慢な態度を取ることも多かったため、現場での株は年々下がっていた。今回、休養発表の後に卒業が決定するまでかなり時間があったのも、大塚キャスターの性格を考慮した上でのことだったという。

「すぐ降ろしたら、怒る人だったので......」(同関係者)

 それでも、あの茶目っ気のあるキャラクターとベテランの仕事ぶりを惜しむ声はやはり番組関係者の中でも多かったようで、「いろいろモメたりもしたけれど、やっぱり大塚さんに帰ってきてほしかった」という意見も各所で聞かれたという。

 さまざまな思惑を抱えつつも4月からリニューアルを迎える『めざましテレビ』。果たして、どんな番組に生まれ変わるのだろうか。


※画像はフジテレビ『めざましテレビ』公式サイトより


【関連記事】

「ブリッ子キャラのままポイ捨てされた」"かわいいだけ"皆藤愛子の不確かな未来

「いったいなぜ越谷で!?」加藤茶が埼玉県で結婚式を挙げた裏事情

「新妻の目的は芸能界進出!?」完全に色ボケする加藤茶に所属事務所が困惑中

献心的に尽くした前妻よりもやっぱり若い娘? 加藤茶、ギョーテンの45歳差婚!

「顔が好みで......」ダルビッシュ、泥沼離婚成立も紗栄子に未練タラタラ!?

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング