見るか、さもなくば死を! 死の気配漂う萌え4コマ原作アニメ『キルミーベイベー』

日刊サイゾー / 2012年3月19日 8時0分

 ......とまあ、こんな具合である。「油も入った状態で頭にハマった一斗缶をコンロで温めようとする」あたりに、「お前は『アウトレイジ』に出てくるヤクザか!」とか感じたりしないだろうか。「再び缶を被る」のあたりに「お前は箱男か! ルリヲか!」的な狂気を感じないだろうか。

 ほかのエピソードでも、ソーニャのつっこみにもやすなのボケにも、タナトスの気配が漂っているのである。純真無垢なバイオレンスとでも形容したくなる、不思議な勢いがこの作品には存在している。

 しかしながら、見終わったときに残るもっとも強い印象は、「こいつら仲良いよなー」なのである。まるで萌えの衣装をまとって現代に蘇った『トムとジェリー』。最新でありながら古典に通じるこの感覚、山川吉樹監督、恐るべしというほかない。仲良くケンカしな。友情さえあれば、死の気配すら、人生のスパイス。嗚呼、友情って素晴らしい。

 最後になったが、本作はキャスト、音響面も実に気が利いている。

 やすなのウザかわいさの5割くらいは、赤﨑千夏の好演による。ソーニャ役・田村睦心のキレ声バリエーション、あぎり役・高部あいの不思議なスローの節回し、没キャラ役・釘宮理恵の貫禄、番組レギュラー(番組内でさまざまな役を担当する)のチョー、新井里美という男女二大個性派声優の怪演......どれも聞き応えアリ。

 さらに、主題歌&BGMを手がけるのは、『がんばれ森川君2号』『くまうた』などの異色ゲームなどで知られる山口優と、「おしりかじり虫」で知られるカリスマキーボーディスト・松前公高による伝説のモンド・ミュージックユニット「EXPO」という豪華さ。

 どこをとっても『キルミーベイベー』を見ないで済ませる理由はないのだ。見るか、さもなくば死を!
(文=麻枝雅彦)


※画像は『キルミーベイベー』公式サイトより


【関連記事】

どう見てもギャグ!? 豪華スタッフなのにC級テイスト漂う『戦姫絶唱シンフォギア』

ポスト『まどマギ』!? "アニメ界の小室哲哉"が放った力作『輪るピングドラム』を再考

ニコ動と地上波の間に生まれたミラクル『gdgd妖精s』とは一体何なのか!?(前編)

過激なピンク描写が男子の下半身を直撃!『アマガミSS+ plus』

今クール話題の学園モノを徹底分析!『男子高校生の日常』『Another』



この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング