「ロンブー亮は“できる奴”」『リストラ芸人』Hi-Hiが放り込んだ18年の道程

日刊サイゾー / 2012年11月20日 13時0分

写真

 昨年末、『THE MANZAI 2011』(フジテレビ系)の決勝で強烈なインパクトを残し、その後は順調に活躍しているHi-Hiの2人。そんなHi-Hiでボケを担当している上田浩二郎の初めての著書『リストラ芸人』(講談社)が9月13日に出版された。彼らの18年にわたる芸人人生のすべてが赤裸々につづられているこの本の発売を記念して、Hi-Hiの2人にインタビューを行った。彼らはいかにして今の地位に上り詰めたのか?

――この本を読んだ周りの人からの評判はいかがですか?

上田 芸人さんはみんな「面白かった」って言ってくれるので、うれしいですね。僕らがデビューした当時のことを知ってる人も、若い人も、どっちもそうやって言ってくれるから……これは最高の本ですね。

岩崎 自分で言うなよ!

――『THE MANZAI 2011』の決勝で、上田さんが言った「オマエの18年間、放り込んでこい!」という有名なセリフに関しても、その裏話が語られていましたね。

上田 あのときは、決勝で最終4組まで残っていて。その中でトップでネタをやったので、いい意味で開き直りましたね。こいつがネタをとばしたんですけど、いつもだったら「何とばしてるんだよ!」って言うところを、「なに真剣にやってんだよ」っていう気持ちで楽しめたというか。何をちょっとちゃんとやろうとしてんだ、って。それであのフレーズが出てきたんです。

――『THE MANZAI』以降はテレビの仕事も増えて、昔一緒に劇場に出ていた芸人さんたちと共演することも多かったそうですね。

上田 そうですね。僕たちが吉本にいた頃の後輩だった庄司(品川庄司)がゲストに来てくれたりとか、そういうのは楽しいですよね。あと、オードリーとか。オードリーと一緒にテレビに出ると、昔のライブに出ていたときの感覚に戻って、ただの悪ふざけになっちゃうんですけどね。

――同期のロンドンブーツ1号2号に関しては、先日行われたトークライブのゲストとして田村亮さんが出演されたそうですね。

上田 そうなんですよ。トークライブに、(田村)淳に来てくれとは言えませんでしたけど、なんか亮には言えましたね(笑)。

――亮さんも、実は結構お笑いに対して熱い人だったそうですが、亮さんのそういう一面って、世間ではあんまり知られてないですよね。

岩崎 なんか、「できない人」みたいに思われてますよね。

上田 でも、俺らは昔から「できる亮」しか、知らないからね。だから、いまだに作戦じゃないかと思ってるんですよ。「お前、作戦で黙ってるんだろ?」って、ずっと聞きたかったんです。あいつ、昔よくそういうことばかり言ってましたから。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング