「ファンがいない」「需要がない」でも“コント日本一”バイきんぐの多忙で穏やかな日常

日刊サイゾー / 2012年12月14日 13時0分

写真

 「キングオブコント2012」王者のバイきんぐが、12月26日にベストネタを収録した初のDVD『King』(アニプレックス)を発売。同大会決勝で高得点を叩き出した「卒業生」「ファミレス」をはじめ、10本のコントを収録。苦節16年の重みがギュッと凝縮されたような、珠玉のコント集となっている。

 今年、正真正銘の「King」となった2人に、DVDのことや、今考えていることなどを聞いた。

――優勝後、まだ1日も休みがないと聞きましたが。

小峠英二(以下、小峠) テレビのレギュラーとかは特にないんですけど、ありがたいことに毎日お仕事いただいてますね。

西村瑞樹(以下、西村) それでも、スケジュール帳を見た時、空白があると不安になります。

――優勝以降、生活は豪華になりましたか?

小峠 いえ、今は引っ越すための物件探しをする時間もなくて。変わったのは、上京以来16年間使っていたせんべい布団を、「京都西川」の布団に買い替えたくらいです。

西村 僕も、家でご飯を作らなくなったくらいですね。前はいっぺんに5合くらい炊いて、一食分ずつ冷凍してたんですけど。

――芸能人っぽいエピソードが見当たらないですね(笑)。でも、ファンは急激に増えたんじゃないですか?

小峠 僕らのファンなんかいないです。

――いやいや、時の人じゃないですか。

西村 今も変わらず、出待ちとかいないですよ。ハゲたおっさん2人ですから、誰も待たないでしょ。

――で、でも、西村さんはたまに「ジョン・トラボルタに似てる」って言われてるじゃないですか!

西村 今の時代、需要ないですよ。誰がトラボルタを欲しがってるんですか。

――なんか、すいません。メディアでは、小峠さんがやっていた害虫駆除のバイトがクローズアップされがちですが、西村さんもコールセンターでクレーム処理のアルバイトをされていたとか。

西村 はい、「キングオブコント」の前までやってました。ある商品の故障などのクレームを受け付けてましたね。

――どんな商品ですか?

西村 それは守秘義務というのがあって、言っちゃダメなんです。もし言ったら、すごい額の賠償請求が来てしまうので。

――じゃあ、せめてヒントを。

西村 えーと、硬くて……いや、これ以上はまずいっす。ノーヒントでお願いします。やばいやばいやばい。

――残念です(笑)。12月26日に初のDVD『King』をリリースされますが、見どころを教えてください。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング