上原あずみ「フライデー」でついにAV出演を公言 異例の“裏→表”転身は成功するか

日刊サイゾー / 2012年12月15日 13時0分

写真

 14日発売の写真週刊誌「フライデー」(講談社)に、元歌手の上原あずみの袋とじヌードが掲載されている。併せて、芸能人限定AVメーカーMUTEKIからデビューすることが告知されている。

「それ以前に上原あずみの名前は出さずに、MUTEKIからは“超有名アーティスト、驚愕のAVデビュー”と銘打ち、『AZUMI COLORLESS』というタイトルで有名芸能人がAVデビューすることは発表されていたんですけどね。経歴やパッケージ写真からはどう考えても上原あずみだし、ネット上などでは周知の事実だったのですが、今回の『フライデー』の記事でハッキリしたわけです」(AVライター)

 上原といえば、デビューした2001年に1stシングル「青い青いこの地球に」がアニメ『名探偵コナン』(日本テレビ系)のエンディングテーマに起用され、オリコン9位にランクイン。続くシングル「無色」と同名アルバムも共にオリコン5位と、透明感のあるボーカルとかわいらしいルックスで人気を集めていた。

 だが、06年を最後に作品のリリースが途絶え、表舞台から姿を消し、一昨年には“愛人詐欺”に関与していたとの疑惑が週刊誌などで報じられ、再び注目を集めた。報道によれば、愛人契約詐欺グループの首謀者と手を組み、複数の一般男性から約2,000万円をだまし取っていたということだが、刑事事件として上原が逮捕されたわけではないため、真偽のほどは定かではない。また疑惑発覚の直後、「重大な契約違反があった」として所属事務所を解雇されている。

 まさに転落の人生といっていいが、こうした元芸能人にAVデビューを持ちかけるのがMUTEKIの得意とするところ。これまでにも吉野公佳や濱田のり子、鈴木早智子、小松千春、西本はるか(元パイレーツ)などのそうそうたる有名芸能人をAVデビューさせ、そのたびに話題をさらってきた。今回の上原のデビューも当然、話題になっているのだが、これまでとは少々趣が異なる。

「実は、上原はすでに無修正AVに出演しているといわれているんです。『長原ゆい』名義で数本出演しており、口内発射や野外露出、中出しとハードな内容で、しかも無修正。“表から裏へ”というのはあっても、その逆はAV業界でも珍しい。上原には5,000万円もの多額の借金を抱えているというウワサもありますが、裏AV出演だけでは返済できなかったのでしょうか。もっとも、上原もMUTEKIも、裏AV出演は『別人だ』と否定するのでしょうが……。ただ、MUTEKIの作品は“表”でモザイク入りですからね。ネット上で上原の無修正動画がいくらでも観られる現状で、果たしてニーズがあるのでしょうか」(同)

 人気歌手から詐欺事件への関与疑惑、裏AV出演と、落ちるところまで落ちてしまった感のある上原だが、今回のMUTEKIからの“表AV”デビューが再起へ向けた一歩といえるかどうか……。


日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング