1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能

視聴率20%超えは難しい!? 月9初主演で注目される剛力彩芽『ビブリア古書堂』の前途

日刊サイゾー / 2012年12月24日 9時0分

写真

 2013年の1月から放送開始予定のフジ月9の新ドラマ、『ビブリア古書堂の事件手帖』。主演に剛力彩芽が抜擢され、賛否含めて大きな話題になっている。

 12月現在は、木村拓哉主演の『PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん~』が12月17日放送の第9話までの平均視聴率が17.5%と好調だが、「月9」は言うまでもなく人気ドラマ枠の代表格。その主演に選ばれたということで、剛力への期待度がうかがえる。

 20歳で月9主演という剛力だが、これまでの人気女優たちの月9主演(または主演格)デビュー作品は、どのぐらいの視聴率を獲得してきたのだろうか。

 1987年4月に『欽ドン!』の後番組として放送された『アナウンサーぷっつん物語』から続くこの「月9」のドラマ枠の中から、平均視聴率を調べてみた。

 まず、平均視聴率が25%を超える大ヒットドラマとなった作品の主演女優は、以下のふたり。

・石田ひかり『あすなろ白書』(93年・当時年齢21歳)→27.0%
・山口智子『ロングバケーション』(96年・31歳)→29.6%

 石田も山口も、ほかの枠での実績がすでにあったり、特に『ロンバケ』は言うまでもなく、木村拓哉の影響も非常に大きいと思うが、すごい数字であることは間違いない。

 続いて20~25%の枠に注目してみると……

・鈴木保奈美『東京ラブストーリー』(91年・24歳)→22.9%
・観月ありさ『じゃじゃ馬ならし』(93年・16歳)→21.8%
・和久井映見『妹よ』(94年・23歳)→24.6%
・柴咲コウ『ガリレオ』(07年・26歳)→21.9%

 といった顔ぶれが並ぶ。長い歴史の中でも、初めての月9で20%超えを記録した女優は少ない。近年、テレビ全体の視聴率が90年代と比べて低くなっていることを鑑みると、初月9での20%超えというのは、なかなかハードルが高そうだ。

 15~20%の枠になると、さすが月9というか、豪華な顔ぶれがズラリと揃う。

・中山美穂『君の瞳に恋してる!』(89年・18歳)→18.7%
・牧瀬里穂『二十歳の約束』(92年・20歳)→16.5%
・西田ひかる『上を向いて歩こう!』(94年・21歳)→15.5%
・菅野美穂『Days』(98年・20歳)→19.5%
・広末涼子『リップスティック』(99年・18歳)→16.3%
・松嶋菜々子『氷の世界』(99年・25歳)→19.0%
・竹内結子『ランチの女王』(02年・22歳)→19.1%
・ミムラ『ビギナー』(03年・18歳)→15.8%
・上野樹里『のだめカンタービレ』(06年・20歳)→18.9%
・長澤まさみ『プロポーズ大作戦』(07年・20歳)→17.4%
・新垣結衣『コード・ブルー —ドクターヘリ緊急救命—』(08年・20歳)→15.9%
・吉高由里子『東京DOGS』(09年・21歳)→15.8%
・香里奈『私が恋愛できない理由』(11年・27歳)→16.0%

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング