テレビウォッチャー・てれびのスキマが選ぶ、2012年バラエティベスト3

日刊サイゾー / 2012年12月30日 13時0分

写真

1位 『アメトーーク!』「どうした!?品川」(テレビ朝日系)

2位 『テベ・コンヒーロ』「コウメ太夫で笑ったら即引退SP」(TBS系)

3位 『FNS27時間テレビ 笑っていいとも! 真夏の超団結特大号』(フジテレビ系)

 悪ふざけの極致でお笑い好きテレビっ子にとって宝物のような番組だった『クイズ☆タレント名鑑』(TBS系)の打ち切り発表ショックで始まった2012年。芸人個人としては、バナナマンの活躍が目立った年だった。帯番組『ノンストップ!』(フジテレビ系)の司会に抜擢(設楽)、ドラマ『イロドリヒムラ』(TBS系)の主演(日村)、そしてコンビ揃って『笑っていいとも!』(フジテレビ系)のレギュラーに起用された。それだけではなく『リンカーン』(TBS系)、『みなさんのおかげでした』(フジテレビ系)、『ゴッドタン』(テレビ東京系)など準レギュラーだからこそ、その存在感が際立った。

 また「孤高の天才」から脱却し、チャーミングさを隠さなくなったバカリズムや、そのど天然っぷりと底抜けのポジティブさで、有吉弘行をして「D(=出川哲朗)の名を継ぐもの」と称されるまでになった狩野英孝が目立っていた。そんな2012年のバラエティ番組を振り返ってみたい。


■大胆リニューアルに賛否両論も、我が道を突き進む『いいとも!』

 30周年を迎える『笑っていいとも!』は大胆なリニューアルをしたり、伊藤修子、武井壮、久保ミツロウなど他ジャンルからの人材を積極的に起用したり、タモリ×さんまの雑談コーナーを1日限りながら復活させたり、と賛否両論はともかくアグレッシブな年だった。その最たるものが、レギュラー陣が集結し、タモリを総合司会に行われた『27時間テレビ』だった。

 同番組では“出禁”の憂き目にあっていた江頭2:50が“乱入”し、久々に『いいとも!』に出演を果たしたのを皮切りに、タモリ×とんねるず、タモリ×ナインティナイン、タモリ×ダウンタウンなど、今ではなかなか見ることのできなくなった共演が次々に実現していった。その極めつきは深夜に実現したタモリ×明石家さんま×ビートたけしのBIG3共演。それは夢のような時間だった。

 テレビの素晴らしさは日常の空間のまま、非日常の夢のような世界に出会うことができることだ。最後の挨拶で、タモリは「えー、テレビを見ていてくれた方々、そして見ない方にも感謝を申し上げます」という言葉に続けて、決まり文句で視聴者にマイクを向け問いかけた。

日刊サイゾー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング