アイドル人気は継続? K-POPブームは終焉? 2013年の音楽界の行方

日刊サイゾー / 2013年1月3日 9時0分

写真

 AKB48とジャニーズ関連以外では、「CD・配信ともにダメ」「コンサートに人が入らない」といった、暗い話題ばかりが目立った2012年の音楽界。さて、2013年には明るい話題が登場するのだろうか?

 まず、多くの音楽関係者が指摘するのは「K-POPブームの終焉」だ。

「年末のNHK紅白歌合戦にK-POP勢が出場しないのはおかしい、との声もありましたが、K-POPブームは2011年がピークで、売れ行きや動員などの数値は急激に下がる一方です。T-ARAやIUなど売り出し中の女性アーティストはそれなりに好調ですが、男性アーティストはもう総崩れ。しかも先日、SMエンターテインメントとJYJの専属契約紛争が終結したことで、オリジナルメンバーによる東方神起の再結集の可能性も低くなり、いわばK-POPの“総本山”まで崩れてしまった。すでに新人デビューの数は減っており、今後は各グループが粛々とファンを集めるだけになるでしょう」(レコード会社関係者)

 K-POPと同様にアイドル人気も頭打ちかと思いきや、「盛り上がりはもうしばらく続く」との声も出ている。

「メンバー脱退が相次ぐなど、AKB48グループには凋落の種になりそうな出来事が少なくありません。しかし、各地のコンサート動員は増えており、派生グループも地道に新ファンを開拓するなど、現時点では“今年も人気維持できる”と見ていいでしょう。パチンコ向けの楽曲配信で莫大な利益を上げた運営側が、何か大きなイベントに打って出るのではないかとの観測もあり、AKB48本体のエイベックス移籍説を含めて業界中が注視しています。ほかにも、ももクロや私立恵比寿中学、乃木坂46、Negiccoなどが一定の人気を確保しており、各音楽事務所には“期待の新人ユニット”もわんさか控えていますから、この熱気はしばらく続くでしょう」(マネジメント関係者)

 一方、すっかりと影の薄くなったJ-POP系はどうか。最近では、山下達郎や松任谷由実などベテランミュージシャンのベスト盤のニュースばかりが目立つが……。

「Jポップ界は、中堅・若手のリストラがさらに加速するでしょう。いまやメジャー契約しているバンドやシンガーはごくわずかで、新人は1年のみのショット契約が主流。そんな中で異例のヒットを出しているのが家入レオや、ねごとなどの女性ミュージシャンで、彼女たちは今年大きくブレイクする可能性があります。また、各社とも『達郎、ユーミンに続け』とばかりに、ベテラン勢のベスト盤制作に乗り出しています。ウワサになっているのは井上陽水、小田和正、松田聖子、竹内まりやなどで、2013年にはレーベルの垣根を越えた大物のベスト盤がいくつか出ると思いますよ。同時に、“おいしい”といわれる復活ビジネスも続くでしょう。これまで絶対に再結成はないといわれてきたJUDY AND MARY、BOφWYあたりにも、コンサートを準備する動きがあるようです」(同)

 K-POP終了とアイドル人気継続、そしてベテラン頼みのJ-POP界。はたして今年はどんな顔ぶれが、リスナーを楽しませてくれるのだろうか?
(文=須田敦)

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング