SMAP中居正広が復帰切望も……元AKB48・光宗薫のシャレにならない現状

日刊サイゾー / 2013年1月15日 11時0分

写真

 昨年10月にAKB48の活動を辞退した光宗薫について、レギュラー出演していたTBS系ドラマ『ATARU』のスタッフが6日付の「『ATARU』劇場版準備中」の公式Twitterで、「光宗薫ファンの皆様へ」と題した異例のメッセージを発信した。

 光宗は昨年4月期に放送された同ドラマに機動鑑識係・石川唯役で出演していたが、同年10月に体調不良により芸能活動を休止。年明けに放送された『ATARU』のスペシャル版にも登場しなかった。

 これに対し、同スタッフは「AKBがお嫌いな方もいるかもしれませんが、光宗さんは連続ドラマで一生懸命、石川唯を演じてくれました。ドラマの収録の都合で、公演や握手会も満足に参加できず、叩きにもあい、でも、苦しみを見せずにオールアップまで一生懸命頑張ってくれました」とフォローし、「現場に遊びに来れば? これから台詞も作るし」とスペシャル版への出演オファーをかけたものの、体調が芳しくないため、実現しなかったことを明かした。

 それでも、主演のSMAP・中居正広と相談し、ポスターという形で“共演”することになったという。

 最後のツイートでは「人は一人では生きていけない。でも仲間が必ずいる。その座長以下ATARU一座のメッセージを受け取っていただけたらと思います」と述べている。

 これだけ見ても、中居ら現場スタッフが光宗に厚い信頼を寄せ、出演を切望したものの泣く泣く断念した無念さがうかがえる。AKBに近い関係者は「活動辞退から3カ月が経過しようとしていますが、光宗の体調は戻らない。身体的というより、メンタルの問題です。ひと一倍、責任感の強い子ですから。むしろ多くの人に迷惑をかけたことや、自分のふがいなさに絶望し、症状は悪化していると言う人もいる。最近、彼女と会った人物によれば『外見も変わってしまって、とてもじゃないけど、人前に出ることができない状態』だそうです」と明かす。

 一部では、拒食と過食を繰り返しているともウワサされている。また、別の関係者は「事務所絡みのトラブルも抱えているようだ。もともと光宗は関西のモデル系のプロダクションに在籍しており、彼女の才能に目をつけたAKBが“預かる”形で引っ張った。それが、気付けば心身ともにボロボロの状態になっていた。“預けた”側が激怒するのも無理はないですよ」と話す。

 光宗の元気な姿を拝める日はやって来るのか──。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング