大みそか惨敗の京太郎、早くもボクシングから退散!? ジリ貧の新K-1から復帰オファーも……

日刊サイゾー / 2013年1月17日 11時0分

写真

 K-1からプロボクシングに転向も、大みそかにふがいない試合でTKO負けした藤本京太郎に、K-1関係者が「戻ってきてほしい」と近く出場オファーをするという。

 井岡一翔が2階級制覇した12月31日の大阪、同じ興行に出場した京太郎は、3年ほど空位だった東洋太平洋ヘビー級王座決定戦に出場し、ソロモン・ハウモノ(オーストラリア)と対戦。だが、序盤から手を出さないばかりかリングを逃げ回って場内の観客から大ブーイングを浴び、5ラウンド、ロープを背にして追い詰められたところで右フックを食らうと力なく倒れてTKO負け。

 京太郎をボクシングに転向させ、日本人初の世界ヘビー級王者を目指すと大々的に売り出していた萩森健一マネジャーも、さすがに失望。6日付のブログには「日本ボクシング界の歴史において唯一といってよい日本人選手による無気力試合」「人間はどこまで臆病になれるのかに関してギネスブック本部にこの試合の映像を添付して申請すべき、というアドバイスも多くの関係者から頂いております」と皮肉も込めて痛烈に叱咤した。

 というのも、この試合は陣営が「勝てる」と見込んで組んだものだったからだ。京太郎が所属する角海老宝石ジムの関係者が明かす。

「昨年9月に5戦目で世界15位の世界ランカーに勝ったんですが、これが穴ランカーというやつで、肩書ほど実力の高くない選手だったんです。京太郎はそれに完勝したんですが、陣営の期待を上回るような内容じゃなかったんですよ。それで大みそかに戦ったハウモノは、それより弱い相手を選んで豪快にKOしてもらおうという算段だったんです」

 KO予測の立つ相手ということで、井岡の試合を中継したTBSのボクシング班も内容次第で番組に組み込むプランを立てていたが、あまりにひどい内容だったからか、放送は後の深夜番組に移されている。

 陣営からもテレビ局からも見放された京太郎だが、意外にも古巣のK-1からはラブコールがある。同団体の運営関係者は「彼のスタイルはボクシングには向かない。ずっとやってきたキックボクシングでこそ開花する選手。ぜひK-1に参戦して、日本人選手のエースとして本領発揮してほしい」と年内の大会に出場依頼をかけたいという。

 K-1は旧運営会社が倒産、韓国の投資家による新体制で再スタートしたが、かつてのような有力選手が集まらず、大みそかにはプロデューサーを務めていた魔裟斗も辞任を発表。このままでは再び沈みかねない状況で、K-1元王者の京太郎は欲しい存在というわけだ。

「聞くところによれば、京太郎がボクシングに転向したのは、旧K-1のファイトマネー未払いで生活苦だったところを拾われたという経済的理由だったそうですから、資本の変わった新K-1なら今のところ条件的な心配はなさそうです」(関係者)

 現在、京太郎自身は関係者とも連絡を絶ってジムにも現れていないというが、京太郎と親しい格闘技ライターはK-1復帰の可能性について「リングネームや髪形をコロコロ変えたり、プロレスに行ってみたり、気が変わりやすい人なので、条件さえ良ければ十分ありえる話」と話している。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング