【逆襲のスター列伝】第3話「有働由美子~羽化した優等生~」

日刊サイゾー / 2013年1月29日 9時0分

写真

過去に辛酸を舐めながらも自力で這い上がり、芸能界で光り輝くあの著名人の魅力を、心に茨を持つサラリーマンブロガー・真実一郎が斜め斬り!

 NHK朝ドラ史上に残る大傑作『カーネーション』は、毎日15分間では終わらなかった。その後に続く情報番組『あさイチ』の冒頭で、メインキャスターの井ノ原快彦と柳澤秀夫、そして有働由美子アナウンサーが感想を言い合う、そこまで含めてのコンテンツだった。

 特に有働アナのリアクションは回を重ねるごとに無防備になり、完全に一視聴者のスタンスではしゃいだり泣いたりしていたので、公共放送のアナウンサーがここまで感情を表に出していいんだ、と驚かされたものだった。彼女の横で毎日一緒にテレビを見ているような、茶の間が地続きでスタジオとリンクしている連帯感によって、朝ドラの楽しみ方は確実に増幅された。『カーネーション』のDVDは、有働アナたちの毎回のオープニング・リアクションと、コシノジュンコの服を着て満面の笑みを浮かべながらポーズをとる彼女のファッションショーを、ボーナストラックとしてぜひ収録すべきだったと思う。

 有働アナは昔はこんなキャラではなく、どちらかというと「華のない学級委員長」という印象だった。NHKへの入社は1991年。スポーツやニュースを担当し、オリンピックのキャスターも務めるなど、地味ながら堅実な実力を認められていた。2000年にはプロ野球選手宅へ変装して訪問する姿をスクープされ、略奪愛と騒がれたものの、エビジョンイルと呼ばれたNHK会長・海老沢勝二氏に寵愛され、3年連続で『紅白歌合戦』の司会に抜擢。名実ともにNHKの顔となる。

 しかし、2004年に相次いで発覚したNHK不祥事により海老沢氏が辞任すると、後ろ盾をなくしてアメリカ総局に異動。約3年間の海外勤務を経験することになる。その間に後輩の青山祐子が台頭し、他局では高島彩や中野美奈子が活躍するなど女子アナ界の世代交代が進み、有働アナは完全に過去の人になったかと思われていた。

 そこにきての『あさイチ』だ。2010年に開始されたこの番組は、“タブーをなくす”というコンセプトのもと、「セックスレス」「子宮」「生理」といった炎上上等の特集を次々と敢行。視聴率は絶好調で、もう長いこと各民放の朝番組を上回る。ここで有働アナはブレイクした。

 もはや伝説となった「セックスレス」の回では「セックス」「膣」というデリケートな単語を連呼し、あまつさえ骨盤底を鍛えるという膣トレ・マシーンに乗って「あっ! あ~」とアヘ顔を披露。NHKアナウンサーという優等生の鎧を脱ぎ捨て、むきだしの有働由美子という存在が解禁された記念すべき瞬間だった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング