『自縄自縛の私』縛ることで解き放たれたミューズ・平田薫の横顔

日刊サイゾー / 2013年2月1日 17時40分

写真

──女子高生モデルとして、活躍していた平田薫。“R-18”と冠がついた作品に出演することで、オトナの女優に変身していくその姿をキャッチ!

 誰にでも、人にはいえない“愉しみ”がある。彼女の場合それは、自らの身体を縄で縛る“自縛”だった──。

 来る2月2日、「女による女のためのR-18 文学賞」大賞受賞作の『自縄自縛の私』が公開される。商業映画で扱いづらい異色の題材ということもあり、公開前から話題の映画だ。

 ともすると露悪的にも映る物語だが、本作で表現したのは、めくるめく“官能の世界”ではない。「縛るという行為は自分に対する戒めというような思いもあった」という竹中直人監督の言葉が示すとおり、全編を通じて、ごく普通の女性のナイーヴな本音が綴られていく。

 ヒロインに抜擢されたのは平田薫(23)。今年でキャリア9年目。映画に舞台に活躍の幅を広げる、今注目の若手女優である。

 今回の役どころは、仕事のストレスから“自縛”の世界にのめり込んでいくOL。瑞々しくスレンダーな裸体を晒し、“自らの身体を縛りあげる”行為をエスカレートさせていくヒロインを演じた。

 劇中、幾度となく麻縄を手にする彼女。その都度、恍惚の表情で、白肌に縄が喰い込むまで縛りあげていく。その姿を観るにつけ、主人公・百合亜の心の奥を垣間みることになる。

「百合亜は、どこにでもいるような普通の女の子。縄の練習以外、特別なことは必要ありませんでした。今までにないくらいフラットな状態で、作品に入っていけました」

 インタビュー冒頭、事もなげにこんな話が始まる。しかし、ひと呼吸置いてこうも続く。

「まったく知らない世界だったので、最初は驚きました。クランクインまでの1カ月半は、自縛の世界を深く理解するため、さまざまな愛好者のブログを読みました。作中、自縛シーンをワンカットで撮ると聞いていたので、縄と馴染むことを目標に、ひとり縛りの練習に明け暮れて(笑)。そんな日々のなか、何百回となく縛りの練習を繰り返し、私が演じる百合亜はなぜ、自分を縛るのか? その答えを探しました。だけれど、百合亜の胸の内にまでは、どうしても辿り着けなくて……」

 気持ちは焦るばかり。いくら自分を縛っても「何の感情も生まれなかった」そうだ。そんな気持ちに変化が生じたのは、クランクインの直前。撮影チームのロケハンに同行した際、監督からヒロイン像について聞くことができ、その言葉から「自分と“似ている”部分がある」ことに気づいたという。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング