「映画を週10本以上見る」など猛勉強中の元AKB48前田敦子 国民的女優への道は大丈夫か

日刊サイゾー / 2013年2月7日 9時0分

写真

 元AKB48の“不動のセンター”前田敦子が、国民的女優になるために演技論を猛勉強中だ。といっても、主に取り組んでいるのは映画を見ること。現在大ヒット公開中のミュージカル映画『レ・ミゼラブル』は計4回も鑑賞。同様に公開中のハリウッド映画『LOOPER/ルーパー』に関しては、「日本語字幕版でも見ているし、AKB卒業後に訪れた米ニューヨークでは英語が理解できないにもかかわらず、字幕なしで見たそうだ。当時、本人は『日本で字幕版を見るのが楽しみ』と話していた」(事情通)という。

 2月15日公開の話題作『ゼロ・ダーク・サーティ』の試写会にも、前田はマネジャーと共に現れた。同作は国際武装組織アルカイダの指導者オサマ・ビンラディン容疑者の殺害を描いたもので、全米で大ヒットを記録。今月10日に行われる「第85回アカデミー賞」では。作品賞や主演女優賞をはじめ5部門でノミネートされている。

 映画関係者は「同作をめぐっては、パキスタンで上演が自粛されるなど、何かと物議を醸している。前田さんはアカデミー賞の中継番組のMCを務めるそうで、試写会には事前準備のために訪れたそうです。凄惨な殺害シーンでは顔をしかめていましたね」と明かす。

 勉強熱心なのはいいことだが、一方で前田には皮肉の声も上がっている。

「彼女は旧作・新作問わず、多い時には週に10本以上も映画を鑑賞していると豪語しているそうだが、それだけなら誰でもできるわけで(笑)。本格的に学びたいのなら、すべてをかなぐり捨ててハリウッドに行ったり、日本の劇団に入らなければダメ。日本のトップ女優のほとんどは劇団上がりだったり、有名演出家に師事している。演技論を語るだけなら映画を見ていれば十分だが、実践するとなると、経験と血のにじむような努力が必要になってくる」(舞台関係者)

 AKB卒業後、前田は「第25回東京国際映画祭」のアンバサダー就任、「TAMA映画賞」では最優秀新進女優賞を受賞するなど、着実にキャリアアップしているように見えるが、業界関係者いわく「額面通りには受け取れない。元AKB不動のエースという話題性など、さまざまな要素が絡んでのものでしょう。ボイストレーニングなども行っているとはいえ、トップ女優になるためには鬼気迫るものがないと難しい」。

 先日、自らのTwitterで、水道橋博士の著書『藝人春秋』(文藝春秋)を絶賛するあまり「最初から最後まできれいに全部読めた本は記憶上では始めてです」と書き込み、「『もしドラ』や『苦役列車』など、出演映画の原作も読んでないのか」と関係者を呆れさせてしまった前田。“国際女優デビュー”と華々しく喧伝されたトニー・レオンとの共演作『一九〇五』も暗礁に乗り上げたまま“その話はNGで”状態だが、ともあれ、女優としての真価が問われるのはこれからだ。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング