1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能

芹那の計算高すぎる“裏の顔”に、熱愛報道のサッカー長友「芸能界って怖いね……」

日刊サイゾー / 2013年2月12日 13時0分

写真

 テレビ界を牛耳るAKB48グループの中にあって、ひと際個性を放っているのが元SDN48の芹那だ。あっという間に解散したSDNの中で唯一「売れている」と言っても過言ではないだろう。

 秘訣は、鼻が詰まったかのような独特のハスキーボイス。とりわけ、バラエティ番組で共演するお笑い芸人は「舞台裏でこぞって彼女を口説いている」(放送作家)という。

 10日放送のTBS系『サンデー・ジャポン』では、芹那自らお笑いコンビ・ピースの綾部祐二にナンパされたと暴露。

「お正月にタイにロケに一緒に行ったんですけど、飛行機の席が隣だったんです」と切り出し「彼から『お忍びデート行かない? 行くならディズニーランドの“アフター6”がいいよ』と誘われたんです」と明かした。

 これにはテリー伊藤も「危険だ、彼女は!」と口の軽さを非難。綾部と親しい平成ノブシコブシ・吉村崇も「こんなことしゃべられちゃ危険ですが、綾部ならありえますね~」とコメントした。

 それでも“天然キャラ”を装い、なんとかその場を切り抜けた芹那。これにテレビ関係者は「ああ見えて、彼女は計算高いですよ。何を話せば話題になるか熟知している。断じて天然ではありません」と語る。

 わかりやすい例でいえば、昨年10月に一部週刊誌で報じられたサッカー日本代表DF・長友佑都選手との熱愛報道だ。一緒にホテルで食事したという内容で、当時はマスコミも色めきたったが……。

「実はアレ、マスコミに流したのは芹那さん周りの人間のようなんです。長友選手と食事したのは事実のようですが、長友選手にまったくソノ気がなかったのが真相。アプローチしたのに無視された芹那さんはかなり不機嫌だったとか。言い方は悪いですが、腹いせに熱愛報道を流して、売名行為に使ったのでは? 少なくとも長友選手側はそう解釈しています。『芸能界って怖いね』と話していましたから」(海外サッカー担当記者)

 スキャンダルでもなんでも、自らの宣伝に使うあたり本物の“プロ”といえるが、やりすぎには注意が必要かもしれない!?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング