スタッフに自腹でおごりまくる女優・菅野美穂「バブルのときに、そうしてもらったから」

日刊サイゾー / 2013年2月27日 11時0分

写真

 ドラマに映画、CMに引っ張りだこの女優・菅野美穂が、スタッフたちから“ある心配”をされているそうだ。

「それが、菅野さんの“おごり癖”なんです。彼女は、共演者だけでなくスタッフ全員に必ず最低一回は食事をおごるのですが、全額自腹で、しかも高級店限定なんです。スタッフには『あなたたちのほうが大変なんだから、いっぱい食べなさい』とか言ってくれて、来られなかったスタッフには別の機会を設けて連れて行ってくれます。こんな女優さんは、ほかにはいませんよ」(ドラマスタッフ)

 好感度ランキングでも常に上位に位置し、CMも現在7本と安定した人気を誇る菅野。毎年、連ドラにも出演し、それなりの数字も取る。それだけに、“財布”の心配はないと思うのだが……。

「彼女は倹約家で知られていますが、スタッフたちを食事に連れて行くだけで、一回で数十万円かかりますからね。彼女と親しいスタッフは『ドラマのギャラは、ほとんど残らないのでは?』というくらい、周囲の人に対してお金を使っていますよ」(テレビ局関係者)

 それは、自身が若手の頃に同じような経験をしたからだそうだ。

「彼女が若手の頃はまだバブル期で、どれだけお金を使っても、なんの問題もありませんでした。でも、今は時代が時代です。それでも、彼女は『私も先輩たちからそうやってもらったんで』と、おごるのをやめようとしないんです。だから、プロデューサーやスタッフたちは『彼女のためなら!』と、なんとかいいドラマにしようと頑張っていますよ。数字が良かろうと悪かろうと、彼女はキャスティングされ続けると思いますよ」(芸能事務所関係者)

 人気の秘密は“人間力”ということか。


日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング