今年は茅原実里、田村ゆかりが不参加!? 「アニサマ2013」ラインナップはどうなる?

日刊サイゾー / 2013年3月2日 16時0分

写真

 毎年この時期になると、なんとなくソワソワしてしまうアニメ・声優ファンも少なくないのではないだろうか。毎年3月に入ると、その年の8月末に開催される日本最大規模のアニメソングライブイベント「Animelo Summer Live(以下、アニサマ)」の記者発表が行われるためだ。記者発表会場には通常7~8名程度のライブ出演者が登壇し、その年のアニサマのタイトルとテーマが発表されるのが恒例となっている。それ以降、何回かに分けて出演アーティストが公表されていき、最終的におよそ40組程度のアーティストに落ち着くのがここ数年のパターンである。

 昨今のアニソンシーンのトレンドを把握する上で非常に重要なイベントとなっているアニサマだが、昨年の「Animelo Summer Live 2012 -INFINITY∞-」は、初回から出演し続けてきたアニサマの顔ともいえるJAM Projectと水樹奈々というビッグネームが不参加となり、その代わりにアーティストとして活動する声優やアニメから生まれた声優ユニットの出演が増加。さながら声優ライブイベントの様相を呈し、多くのアニメ・声優ファンの間で賛否両論を巻き起こした。

 アニサマがスタートした05年といえば、同年7月に開催された「Animelo Summer Live 2005 -THE BRIDGE-」に先駆けて、1月に椎名へきるに続いて水樹奈々が武道館で単独ライブを初開催。声優史上2人目の快挙を成し遂げ、『魔法先生ネギま!』のオープニング主題歌「ハッピーマテリアル」がオリコンチャートを席巻したという、ゼロ年代アニソン史のターニングポイントとなった年である。現在に至るアニソン・声優ソングムーブメントの萌芽が芽生え始めた時期とはいえ、まだまだ一部のコアなファンのもの、という印象が主流。そんな過渡期にスタートし、少しずつ規模を拡大していったアニサマの歴史は、まさしくアニソン・声優ソングの地位向上の歴史そのものだといえる。

 そんなアニサマだが、なぜ昨年大転換したのだろうか?

 JAM Projectの影山ヒロノブは、イベント会場などで「後進に活躍の場を譲る」という趣旨の発言を発しており、アニサマ出演者の世代交代がその目的だといわれているが、とあるアニメ雑誌編集者はこう語る。

「各レーベル間の足並みが揃わなくなってきたことが、大きいと思います。アニサマが始まった頃は、まだまだ声優やアニソンアーティストが大きな会場で単独ライブを行うことが少なく、一致団結して業界の地位を向上させようという空気があったように思います。そのかいあってアニサマの成功以降、アニソンアーティストや声優がライブを行う機会が増え、ファンもライブの楽しみ方を分かってきた。一般メディアにも露出する機会が増えたことでファンのすそ野が広がり、その結果として武道館、横浜アリーナ、さいたまスーパーアリーナなど国内最大規模の会場で単独ライブをできるアニソンシンガー、声優が出現してきました。それ自体は大変いいことなのですが、単独でライブを成功させることができるアーティストが増えたことで、“もうわざわざアニサマに出演しなくてもいいじゃないか”という空気が、各レーベルに生まれてきたように感じます」

 つまり、大きな会場で単独ライブを行うほどの人気・知名度を獲得したアーティスト・声優にとって、アニサマへの出演に対するメリットが低下してしまった、ということだろうか。確かに、水樹奈々は11年に声優史上初・女性アーティストとしては8人目の快挙となる東京ドーム単独公演を成功させ、JAM Projectもつい先日横浜アリーナでの単独公演を成功させたことからも、アニソンシーンではトップクラスの人気を誇っていることは間違いないだろう。そんな彼らにとっては、顔見せ程度に数曲歌って退場するアニサマへの出演よりも、ガッツリと自分たちの世界観を表現できる単独ライブのほうが魅力的に感じてしまうのも無理からぬこと。ファンにとっても悪くない話だ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング