低姿勢で売り込め!? エイベックスがELTやTRFの“再生計画”を猛烈進行中

日刊サイゾー / 2013年3月2日 12時0分

写真

 ELTの略称で知られるEvery Little Thingが“再ブレイク”中だ。ソフトバンクのCMでは「LTE」をもじった形で登場して名前を再度アピール。2月には新しいシングル「ON AND ON」も発表し、テレビ番組への出演数も増えている。

「Every Little Thingといえば、持田香織の“整体師洗脳騒動”が大々的に報じられたことから、イメージダウンは免れないと見られていました。実際、持田個人のCM契約は減った模様ですが、エイベックスが猛烈な代理店営業を展開し、ソフトバンクのCMでは過去のヒット曲を茶化すコンセプトも受け入れるなど、低姿勢で大型案件をゲットしています」(レコード会社関係者)

 同じくエイベックスでは、懐かしのダンスグループTRFの“再生”も進んでいる。昨年からメンバーをバラエティ番組に登場させるなどして露出増加を図ってきたが、今年2月には小室哲哉プロデュースによる新しいアルバム『WATCH THE MUSIC』を発表。SAMと菅原一秀・経産副大臣が元ダンス仲間といった小ネタをメディアに提供し、着実に“再ブレイク”路線を進めている。

「TRFの場合は5年ほど前から復活プロジェクトが進んでいましたが、ボーカルのYU-KIの“劣化”が著しく、今ひとつ波に乗れない状態が続いてきました。そこで、同社ではSAMやDJ KOOの年齢不詳ぶりや天然っぽいキャラを前面に押し出す方針に転換。突っ込まれ放題の謙虚ぶりがウケて、いまや年末の紅白歌合戦出演を狙う勢いです」
(前出・関係者)

 こうした背景には、90年代にデビューしたポップスユニットの“懐メロ”化が進み、30~40代に差し掛かったかつてのファンの購買意欲が旺盛なことがあるという。

「今は逆に、00年代に登場した“歌姫”たちがキツイ状態ですね。たとえば絢香は華々しく復帰しましたが、最新シングルがオリコン10位以内にも入らないなど、往時の勢いはまったくありません。青山テルマのように、すでに開店休業状態に入ってしまった歌手も多く、デビューしてから7~8年は試練の時期といえるでしょう。一方、デビューから15年以上たつと、ファンの年齢が上がり、可処分所得の多い層も増えてくる。現在の30~40代はCD購入の習慣もありますから、レコード会社は趣向を凝らしたベスト盤やコンピレーション盤を、この層に向けて猛アピール中です」(レコード会社関係者)

 時代はめぐる、ということか。90年代デビュー組では、JUDY AND MARYの再結成ライブも一部で取り沙汰されている。今後も、30代半ば~40代の団塊ジュニア層に向けた“復活プロジェクト”が相次ぎそうだ。
(文=市場葵)

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング