綾瀬はるかから笑顔が消えた!? 天然キャラ封印の裏に、西島秀俊の“裸体”が……

日刊サイゾー / 2013年3月19日 9時0分

写真

 先日、夕刊フジに、実に興味深い記事が掲載された。好感度ナンバー1の呼び声高い女優の綾瀬はるかから、笑顔が消えたというのだ。

 同紙は某飲料メーカーの製品発表会に出席した綾瀬について、雑誌カメラマンの話として「肌はきれいでしたよ。でも、表情が乏しい、筋肉がこわばっていた」と指摘。続けて「『こっち向いて』って言っても緩慢な動きでしたし、『もっと笑って』と注文しても、いつもの弾けるような笑顔にはならない。休みは取れているのかな、と心配になりました」というコメントを掲載した。

 たしかに綾瀬は、主演するNHK大河ドラマ『八重の桜』の撮影で大忙し。この日のイベントも“お疲れモード”で笑顔に力が入っていなかったのかもしれない。

 だが、綾瀬を知るテレビ関係者は別の理由を挙げる。

「大河で共演する西島秀俊さんの女性人気が、急上昇中なんです。彼の鍛え抜かれた裸のシーンを見たいがために、大河にチャンネルを合わせている女性もいるほど。そうなると、共演シーンの最も多い綾瀬さんにジェラシー交じりの批判が集中するのは当然。男性はあの雰囲気がたまらないのでしょうけど、女性からは『あざとい』『狙いすぎ』という声も聞かれる。中には『綾瀬を(西島に)近付けるな!』という強硬意見もあるんです」

 前作の大河ドラマ『平清盛』ほどではないが、『八重の桜』も視聴率は苦戦が続いている。

「NHKも綾瀬さんの所属するホリプロも、松ケンに続いて2年連続でコケるわけにはいかない。鍵を握るのは西島さんの裸。それを邪魔しないよう、綾瀬さんもしばらくは女性の神経を逆撫でするような露骨な天然トークは控える方針のようだ」(テレビ関係者)

 世の男性は彼女の癒やし系フェロモンと“爆乳”を期待しているのだが……。兼ね合いが難しい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング