高視聴率の裏で“バカ高い”チケットはまったく売れず……露呈したWBCの低収益構造

日刊サイゾー / 2013年3月21日 9時0分

写真

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝で敗退し3連覇を逃した日本代表チームが19日、帰国。到着口で待ち受けたファンは過去2大会の約10分の1以下の80人程度だったが、実はチケットのセールスも最悪だった。

 収容人員3万8,561人のヤフオクドーム(福岡)、開幕2日のブラジル戦が2万8,181人、3日の中国戦が1万3,891人、6日のキューバ戦が2万6,860人といずれも空席が目立った。

 球界関係者は「イチローやダルビッシュ、松坂らメジャーリーガーが出ないのが痛かった」と敗因を述べたが、一方でファンからは高いチケット価格への不満も多く聞かれた。プレミアムSSが1万4,000円、外野の指定席が4,000円。東京ドームにいたってはネット裏指定席が1万8,000円と国内戦の倍ともいえる設定。ヤフオクドーム周辺にいたダフ屋もこれには「まったく売れなかった。試合が始まって指定席を400円に下げても売れ残った」と肩を落としていた。

「通常は定価の3割から半額程度で売れるものだけど、これなら通常のプロ野球の試合の方が儲かる」(同)

 最もひどかったのは日本チームの参加しない試合で、4日の中国とキューバは主催者発表こそ3,000人だったが、実際にはテレビ観戦でも客数が数えられるほど。ネット上でも「86人」と驚きの声が上がっていた。これは実際に試合を取材したスポーツ紙の記者に聞いても同様で「どう見ても100人は超えていない。観戦のために来日していた中国人客も、なぜか試合中の時間に街で観光をしていた」という。

 ということは、前述の日本がらみの試合も観客数が水増しされていた可能性があるが「見た印象だと3割以上は多く発表していた」と同記者。

「運営側のスタッフもビックリしていたし、球場前もまるで閉館日のように人がいないし、ダフ屋の姿がひとりもなかった」(同)

 実はサンフランシスコでの準決勝も客席はガラガラで、現地からは「人間よりカモメの方が多かった」という声がたくさん上がっていたほどだ。

 もともと、WBCは放映権料で儲ける構造で、チケットでの収益をあてにしていないからか、集客への努力はほとんど見られない。もうひとつの収入源である大会スポンサーの7割が日本企業なのに、MLBが66%の収益をもっていくという、まさに日本から金を吸い取る大会としか言いようがないもので、これが原因で選手会の参加拒否声明を招いた。結局、不参加の場合の損失を日本に請求すると脅され渋々参加したが「テレビ視聴率こそ高かったけど、収益面のメリットは高くないことが改めて露呈した」と前出記者。

 ちなみに暇になったダフ屋が球場前で優勝を言い当てるトトカルチョをしていたが、聞くと「日本のオッズは1.8倍でダントツ1位も当たらず何も良いことがなかった」と路上の小石を蹴っていた。
(文=鈴木雅久)

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング