嵐・相葉雅紀『ラストホープ』最終回を前に“今年初のオフ”返上して決起集会「仲良くやりましょう!」

日刊サイゾー / 2013年3月26日 13時0分

 いよいよ今週最終回を迎える、嵐・相葉雅紀主演のドラマ『ラストホープ』(フジテレビ系)。今のところ平均10.8%と、まずまずの結果を残している。そんな中、主演である相葉主催の“決起集会”が先日行われたという。

「クランクイン前にも彼が主催で、多部未華子さん、田辺誠一さん、小池栄子さん、北村有起哉さん、小日向文世さんらがと集まったそうです。今回も相葉クンは『最後までみんなで仲良くやりましょう!』と挨拶していました。最終回の撮影を前に、再度“チームワーク”を確認したかったんでしょうね」(フジテレビ関係者)

 撮影現場でも、常に周囲を気遣う姿勢を崩さなかったという相葉。

「高嶋政宏さんがラーメンにハマっていて、町田にある有名店『ラァメン家 69’N’ROLL ONE』が一番お気に入りだと聞くと、彼は『俺、差し入れしますね!』と言って、マネジャーと店に直談判に行ったそうです。この店はケータリングは一切断っていて、過去に他の番組でも頼まれたみたいですが、断ったそうです。それが、相葉クンの熱意に負けたのか、今回限りということで来てくれて、スタッフ一同大喜びでしたよ」(番組スタッフ)

 共演者やスタッフのために差し入れを手配するなど奔走している相葉だが、この決起集会の日は今年に入って初めての完全オフ日だったという。

「ドラマの撮影がないときはバラエティの収録がありますし、半日の撮影のときはCMや雑誌の仕事がありますからね。完全オフの日に決起集会をされたんじゃ、こっちも彼のために頑張ろうって気になりますよね。仮に数字がついてこなくても、彼についていくっていうスタッフは多いと思いますよ」(同)

 まさにスタッフたちの“ホープ”になった相葉。最終回の視聴率はいかに……。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング