「女遊びを我慢できればいいのだが……」フジ・松尾翠アナをゲットした福永騎手のチャラすぎる女性遍歴

日刊サイゾー / 2013年3月28日 9時0分

写真

 日本中央競馬会(JRA)の福永祐一騎手(36)とフジテレビの松尾翠アナウンサー(29)が年内に結婚することを、26日付のサンケイスポーツがスクープ。それを受け、フジテレビはファクスでマスコミ各社に、2人が年内に結婚し挙式・披露宴は来年行う予定であること、ならびに松尾アナが福永騎手をサポートするため、9月末頃で同社を退職することを発表した。

 サンケイスポーツによると、2人は一昨年11月に知人の結婚式に出席して知り合い、その後、共通の知人を介して食事をしたり、当時、松尾アナが担当していた競馬番組への出演や取材を通して急接近。昨年4月に交際へと発展し、同9月に週刊誌で焼き肉デートが報じられ、交際が発覚。仕事で多忙の2人だが、福永騎手の自宅がある関西と松尾アナが住む東京を行き来し、週1回は会って愛を育んでいったという。

「松尾アナといえば、以前、大学時代に不倫交際していた10歳年上の男性との“ニャンニャン写真”を写真誌に掲載され、以来、局内では冷や飯を食わされていただけに、福永騎手との交際が発覚した際には『大穴が大物をゲットして!』と局内で話題になっていた。局としても、松尾アナが寿退社したところで、それほど影響はない」(テレビ関係者)

 福永騎手は父が現役時代「天才」と言われた元騎手の福永洋一氏という、まさに競馬界の“サラブレッド”。デビューした96年にJRA賞最多勝利新人騎手、昨年まで4回のJRA優秀騎手賞、1回のJRA賞(最高勝率騎手)を獲得するなど実力に加え、競馬界きってのイケメンだが、派手な女性関係でも知られているという。

「今年で37歳になるにもかかわらず、競馬界を代表するチャラ男で大の合コン好き。かつては競馬関係の仕事を通して仲根かすみ(その後、大リーグ・オリオールズの和田毅投手と結婚)や若槻千夏らとの交際が報じられたが、仲根も若槻もセフレ的な関係だった。最近は昔よりもおとなしくなったが、まだまだ女好きで、結婚に関して周囲からは『松尾アナが、福永の女遊びを我慢できればいいのだが……』と早くも危惧する声が聞こえてきている」(JRA関係者)

 ある意味、自分の人生を福永騎手に“賭けた”松尾アナだが、果たしてその選択は吉と出るか凶と出るか?

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング