新垣結衣と“チャラ男”錦戸亮の熱愛報道を、ガッキー事務所が「止めなかった」裏事情

日刊サイゾー / 2013年3月31日 12時0分

写真

 関ジャニ∞の人気メンバー・錦戸亮と清純派女優の新垣結衣の熱愛が、22日発売の写真週刊誌「フライデー」(講談社)で報じられた。同誌によると、2年前のドラマ共演をきっかけに知り合い、昨年夏ごろから人知れず交際に発展。超厳戒態勢でお互いの自宅マンションを複数回訪れる様子が激写されている。

 だが、決定的なツーショット写真がないため、双方の所属事務所は交際を否定。朝刊スポーツ紙も“触らぬ神にたたりなし”とばかりに完全スルーした。

 ワイドショー関係者によると「かなり前から2人の交際はウワサされていて、フライデーさんも3カ月以上張り込んでいたそうです。しかし、ツーショットが撮れない。結局、根負けして、あのような形で掲載されたそうです」。

 それでも自信に満ちあふれた「フライデー」の記事を読む限り、精度はかなり高そうだ。

 こうなると、損をするのは“スキャンダル処女”のガッキー。代理店関係者は「なんせ相手が“チャラ男”で有名な錦戸ですからね。そんな男に口説かれて、まんまと落ちてしまったというイメージしかない。純粋なイメージでCMを取っていた彼女の事務所は、顔面蒼白ですよ。フライデーに載ることを知り、慌てて関係各所に釈明していました」と明かす。

 一方、“うるさ型”で知られるガッキーの事務所が、今回はそこまで“抵抗”しなかったという話もある。

「熱愛報道が出るに当たり、いつもなら何かと理由をつけて潰しにかかる事務所が、今回は簡単に引き下がったとか。どうもガッキーが錦戸に本気でホレていて、“恋は盲目”になっているようですね。それならば、逆に今回のスキャンダルを突きつけて『別れなさい』とやったほうがいいと考えたのかもしれません」(週刊誌デスク)

 “清純派”ガッキー、今後どうなってしまうのか……。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング