天海祐希『女信長』フジ社運賭けるも、1ケタ大惨敗「予想されていたことなのに……」

日刊サイゾー / 2013年4月11日 13時0分

写真

 フジテレビが“社運を賭ける”とまで息巻いていた2夜連続ドラマ『女信長』が、2夜ともに視聴率1ケタの大惨敗を喫した。同作は天海祐希を主演に、内野聖陽、西田敏行、小雪、伊勢谷友介、長澤まさみ、玉山鉄二、佐藤浩市といった“映画の主演クラス”を揃え、さらに音楽を久石譲が担当した超大作。放送前は「20%も狙える」との評判だったが、フタを開けてみれば5日放送分が8.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、6日にはさらに0.2ポイント下げて8.7%という結果となった。

「上層部にとってはショッキングな数字だったんでしょうが、現場レベルでは予想されていたこと。『信長が女だった』という企画のドラマ化そのものに異論もあったし、主演の天海祐希さんに対しても“陰の低視聴率女王”という評判でしたからね」(フジテレビ関係者)

 天海は昨年、同局の木曜22時枠で『カエルの王女さま』に主演し、平均視聴率9.1%。2010年にも『GOLD』でも8.9%と2ケタを割り込み、ヒロインを務めた織田裕二主演の大作映画『アマルフィ』も大コケしている。

「それに、『女信長』はもともと昨年の年末ドラマとして制作されていたのが、音楽をお願いした久石譲さんが『完成してからじゃないと作曲できない』と言いだし、延び延びに。結局、中途半端な時期の放送になってしまった。『こんなことなら、社内スタッフで作曲すればよかった』なんて、シャレにならない話も聞こえてきますよ」(同)

 かつて“視聴率王”としてテレビ界を席巻していたフジテレビ。社運の賭けどころを間違えたかも!?

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング