小山田圭吾の離婚に見る「90年代のカリスマたち」の落日……

日刊サイゾー / 2013年4月20日 12時0分

写真

 1990年代に渋谷系ミュージシャンとして絶大な人気を誇ったコーネリアスこと小山田圭吾が、妻の嶺川貴子と離婚していた。4月16日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)がそう報じ、話題を呼んでいる。同記事では嶺川が記者の直撃取材に応じ、言葉を選びながらも、「気持ちのスレ違いが重なった」などと離婚理由を明かしている。

「小山田と嶺川は00年に結婚した当時にも、『あの2人が付き合っていたのか』と話題となった経緯があります。嶺川はもともと、フリッパーズ・ギター時代に小山田の相棒だった小沢健二の彼女と言われていましたから、当時はそちらのほうが話題でした。もっとも、結婚後の2人は子ども連れで散策する姿もたびたび目撃されており、『渋谷系のプリンスもパパになり、すっかり丸くなった』とみられていました」(音楽雑誌編集者)

 ミュージシャン同士の結婚・離婚といえば、古くは桑名正博とアン・ルイス、布袋寅泰と山下久美子などが思い浮かぶ。いずれも離婚時の壮絶バトルで世間をにぎわせたが、今回の離婚劇は「極秘に進められていた」という。

「周辺取材を進めると、実は数年前から別居生活を送っていたという情報も浮上しました。小山田に新たな恋人ができたとの見方もあり、ここ数年はクラブなどでの目撃談も出ています。しかし、坂本龍一のコンサートには毎年夫婦そろって楽屋口を訪れるなど、“公式”の場では仲睦まじい姿を演じていた、ということですね。長男の中学入学を待ち、離婚に踏み切ったものと見られます」(別の週刊誌記者)

 他方、フリッパーズ・ギターのもう一人のメンバーだった小沢健二は、米国人女性と結婚。昨年末には、今年6月に妻が出産を控えていることも公表している。

「反グローバリズム思想に染まった近年のオザケンからは想像できませんが、昔の彼はとんでもないオンナ好きで有名でした。ある時期はモデルやタレント女性と多数交流を持ち、友人たちに次々と“遊び相手”をあっせんするなど、女衒まがいのことをしていたとの証言もあります。そんな彼が晩婚ながら子どもの誕生を心待ちにする一方、女性関係にはマジメだった小山田が離婚するとは、皮肉な成り行きという印象もありますね」(前出記者)

 CHARAと浅野忠信の離婚に続く、90年代を彩った大物サブカル系カップルの離婚劇。かつてのカリスマたちも、人生の曲がり角を迎えているといえそうだ。
(文=市場葵)

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング