女優・佐藤江梨子が突如“脱いで”写真集を出したワケ「ビキニ披露は事務所と意中の男性のため?」

日刊サイゾー / 2013年5月8日 9時0分

写真

 サトエリこと女優の佐藤江梨子が、先月発売の女性向けフィットネス誌「FYTTE」(学研パブリッシング)の6月号にて、約10年ぶりのビキニグラビアを披露した。

 デビュー時はグラドルとして活躍し、1998年には初代の「日テレジェニック」に選出された佐藤だが、04年に発売した写真集以来、グラビアを“封印”。しかし、同誌では白・ピンク・ベージュの3着のビキニ姿を披露し、身長173cm、B88・W58・H88センチのメリハリボディは健在。インタビューでは「同性から見てもうっとりしてしまうふんわりバストの作り方は?」という質問に、「バストは1mmたりとも動かさないような気持ちで、なるべく揺らさないように洗います」と入浴時の秘訣を明かしている。また、6月には9年ぶりの写真集も発売されるという。

「ここ数年のサトエリといえば、ドラマ・映画を中心に仕事をこなし、すっかり女優業にシフト。インタビューでは自分のことを『演者』と呼ぶほどで、過剰なまでに“女優オーラ”を振りまいていた。所属事務所・イエローキャブはサトエリが小池栄子と共に2トップとして支え、事務所の売り上げの大半を稼いでいたが、昨年6月の前社長の自殺で経営がさらに悪化。小池と佐藤には移籍話もあったようだが、なかなか条件が合わずにいまだに残留。台所事情が苦しいだけに、仕事にこだわっている場合ではなくなってしまったのだろう」(芸能プロ関係者)

 まさに、事務所のためにひと肌脱ぐことになったサトエリだが、「もともと、かなりの気分屋として知られ、プライベートが仕事に多大なる影響を与えている」(テレビ関係者)という話も出ており、どうやらプライベートでも変化があったようだ。

「かつては歌舞伎俳優の市川海老蔵、片岡愛之助らと浮き名を流したが、気難しい性格もあってか、このところ浮いたウワサがなかった。ところが、ゲスト出演したフジの月9ドラマ『ビブリア古書堂の事件手帖』の第3話で夫婦役を演じた中村獅童と久々に再会。獅童といえば、かつてサトエリに海老蔵を紹介し、それがきっかけで交際に発展したため、海老蔵と破局後は疎遠になっていたが、収録で再会すると意気投合。以後、都内で密会するようになったようだ。獅童は交際が報じられている読者モデルの女性とゴールイン間近と言われた時期もあったが、サトエリは獅童を読モから“奪還”すべく猛アタック中。ビキニは獅童への強烈なアピールのようだ」(同)

 相変わらずサトエリは梨園の男に惹かれてしまうようだが、めでたく獅童と交際に発展するかが注目される。


日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング