無事退院の天海祐希 実は超ハードだったスケジュール「仕事は断らないのがポリシー」で……

日刊サイゾー / 2013年5月21日 13時0分

写真

 今月6日、舞台『おのれナポレオン』への出演後、軽度の心筋梗塞で入院し、舞台を降板した女優の天海祐希。13日には退院し、今は自宅で安静にしているという。

「あんなに落ち込んでいる天海さんは初めて見ましたね。本当に責任感の強い人ですから、病気とはいえ、舞台に穴をあけたことを相当悔やんでいました」(芸能事務所関係者)

 退院報告のFAXでも、「時間が経つにつれ、自ら起こしてしまった事の重大さに心が痛みます。自らの体調管理には十分に気を付けていたつもりでしたが、これまでの体調管理が万全ではなかったと反省しております。一日も早く皆さまに元気な姿を見ていただけるよう、今日から頑張ります」と綴られていた。当初から事務所は「そんなにハードなスケジュールではなかった」と説明していたが、現場スタッフはその見解に首をかしげる。

「彼女は相当忙しい部類に入ると思いますよ。昨年は夏から特番の撮影で、秋からは連ドラの撮影、年明けは海外ロケで、それが終わってすぐ今回の舞台の稽古ですからね。その間も、CMやら宣伝やらで、自分の時間は少なかったと思いますよ。基本的に彼女は「来た仕事は断らないのがポリシー」と常々言っていましたからね。

 しかも、一回でも仕事をしたことのあるスタッフの顔を見つけると「ご無沙汰してます!」と、自分から挨拶に行きますからね。だから、彼女のことを悪く言う人はいないですし、そんな彼女だからこそ、仕事が途切れないんです」

 断らないから仕事は途切れず、途切れないから休みがないというスパイラルが、皮肉なことに今回の悲劇を招いてしまったというのだ。

「実際、今秋に放送予定の特番や、テレ朝の10月クールのドラマ主演もすでに決まっていますからね。ゆっくり休んでほしいけど、そうも言っていられないのが現状です」(テレビ局関係者)

 早期回復、復活を期待したい。


日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング