サンミュージック故・相澤秀禎会長が、最期まで守り通した岡田有希子さんの“日記ノート”

日刊サイゾー / 2013年5月31日 13時0分

写真

 サンミュージックの相澤秀禎会長が逝去したことで、「永遠に謎になってしまった」とささやかれる話がある。1986年4月8日に飛び降り自殺した岡田有希子さんの死を決断させたとされる“交際相手”だ。

 相澤会長に生前、何度か取材した週刊誌記者によると「当時、岡田さんには家族にも見せていない日記のようなノートが残されていて、そこには死に至った交際相手について赤裸々に綴られていたという話があり、長くその相手の名前だけでも聞かせてもらえないかとうかがっていた」という。

 あるときは酒の席で相澤会長に突っ込んだが「どんなに酔っていても、その話になると『その話はやめてくれ』の一点張りで、教えてもらえなかった」という。

「でも、当時取材した芸能リポーター(故人)からは、日記自体の存在を会長が認めた話も聞きましたし、日記の最期の言葉が“さようなら”だったということも分かっています」(同)

 岡田さんの自殺でこれまで取り沙汰されたのは、俳優・峰岸徹との関係だが、峰岸本人は記者会見を開いてまで「岡田さんと交際していた事実はない」と否定。記者間では「峰岸さんが誰かをかばっているのではないか」という説もあった。

「峰岸説が消えたわけではないんですが、一部記者がつかんだところでは神田正輝という話もありました。女好きの神田が松田聖子と婚約、岡田さんが自殺したのは聖子の妊娠発表直後のことで、石原プロが神田の醜聞を避けて峰岸のウワサを立てたという説。その真偽はともかく、相澤会長が当時のことは一切語りたがらないので、何かあったのは間違いないんでしょう」

 こう話す記者の取材では、当時の岡田は「くちびるNetwork」などの大ヒットで人気は絶頂だったが、酒井法子ら続々と後輩のデビューがあって、将来の路線について悩んでいたとの関係者証言もあったという。

「岡田さんは学生時代、芸能界デビューを両親に説得するためにトップの成績を取ったほどの努力家。生真面目な性格なので、必要以上に悩んだことは想像に難くない。こういう臆測を解き明かすのはやはり、その日記……」(同)

 長く日記が相澤会長の保管する金庫の中にあるともいわれてきたのは有名な話。事務所関係者も以前「会長がデビュー当初のアイドルを自宅に下宿させる習わしがあったり、私生活の半分は会長がじかに見てあげていた」という話を明かしていた。

 それだけに、相澤会長が岡田さん自殺の真相を知っていたという見方は根強い。芸能マスコミとしてはそれを探りたいところだが「それでも最期まで秘密を守り通したんですから、ある意味、タレント事務所としてはお手本といえる姿でもあります」と記者。

 そんな生前の頼れる姿があったからか、28日の通夜には数多くの元アイドルたちが涙を流しながら参列していた。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング