『あまちゃん』ブームだからこそ振り返りたい、金字塔ドラマ『おしん』の意外すぎたリアル

日刊サイゾー / 2013年6月19日 13時0分

写真

 初回視聴率は7年ぶりに20%超えを記録し、ロケ地の岩手県久慈市はドラマ効果で観光客が急増と、数字も評判も上々のNHK朝ドラ『あまちゃん』。

 東北の朝ドラヒロインというと、これまでも女性初の新聞記者を描いた『はね駒』(1986年)や、シングルマザーを描いた『私の青空』(00年)のほか、古くは『繭子ひとり』(71年)、『雲のじゅうたん』(76年)などさまざまなタイプがいたが、そんな中でも忘れてはいけない「最強ヒロイン」がいる。

 朝ドラ史上最高視聴率を誇り、世界60カ国以上で放送され、世界中にブームを巻き起こした『おしん』(83年)だ。

 現在、BSプレミアムで1年をかけて放送中だが、あらためて見てみると、記憶と異なっている点がかなり多いことに驚かされる。

 以下に、『おしん』の意外性を取り上げてみたい。

■「おしんのしんは、辛抱のしん」→実は辛抱しない女!
 苦しい時代を生き、ひたすら辛抱した女性のイメージが強いが、意外と辛抱しない。夫に歯向かうし、姑にも口答えするし、自分が納得できないことは絶対に受け入れない。意外なほど「NOと言える女」。というか、「NOばかり言う女」にも見える。

■実は、かなり進歩的な女
 自立心が強く、死んだ姉の夢であった髪結いの見習いとなるため上京。その後、天才的な才能を開花。仕事のことを考え始めると、周りの人の気持ちなどそっちのけになってしまうほど没頭する仕事人間で、進歩的な考え方の持ち主。

■デキる女。だからこそ、夫はツラい
 ぼんぼん育ちの夫はビジネスセンスがいまいちで、おしんの仕事ばかりがうまくいく。しかも、自分で稼いだお金を、そっと夫の商店の資金繰りに充て「こんなご時世だもの。私とあなた、げんじいの3人でこうして揃ってご飯を食べられるだけで幸せよ。また良い時代になったら、思いきり贅沢させてもらうわ」などと言う。しかも、日々充実しているからこその、イキイキとした表情で言ってのける。ここまでされると、夫はかえって惨めな気持ちになりそうだ。

■男たちは、みんな味方になっていく
 最初は「小作人の娘」ということで、おしんを嫁として疎ましく思っていた夫のお目付け役「げんじい」は、すぐに一番の味方になる。また、おしんをいじめる姑とは対照的に最初から好意的な態度を示す舅、途中から肩を持ち始める義兄など、男性はみんなおしんに魅せられ、味方になっていく。ある意味、魔性の女?

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング