“ヘタすぎる”EXILE・眞木大輔のドラマ主演は、TAKAHIRO俳優化計画の布石だった!?

日刊サイゾー / 2013年7月17日 11時0分

写真

「あの演技には、本当に驚きましたね。ここまでひどいのかと。共演の忽那汐里さんまでヘタに見えましたからね。読売テレビの関係者も、顔を真っ青にしていたようですよ」(芸能事務所関係者)

 EXILEのMAKIDAIこと眞木大輔と忽那がダブル主演する深夜ドラマ『町医者ジャンボ!!』(読売テレビ・日本テレビ系)でのMAKIDAIの“大根役者”ぶりが話題になっているが、これには今年いっぱいでパフォーマーを引退するHIROの思惑があるのだという。


「HIROさんの本当の目的は、EXILEのボーカルを務めるTAKAHIROさんを俳優にすることだそうです。ただ、彼が失敗すると、個人だけでなくグループも大きなダメージを負うことになります。その前に、“EXILEは歌と踊り以外もやりますよ”というのを世間に認知させるために、AKIRAさんやMAKIDAIさんが先陣を切ってドラマに出ているそうです」(音楽関係者)

 もともとTAKAHIRO自身、EXILE加入前は、ミュージカル『テニスの王子様』に出演が決まっていたという“元・俳優”だっただけに、演技に関してはほかのメンバーよりも一日の長がある。

「EXILEが第1章、第2章、第3章ときて、HIROが抜ける来年が第4章になります。そこで新しい試みとして、TAKAHIROを俳優デビューさせようという話なんでしょう。それで、今年はその前振りとして、彼が望んでいたソロデビューもしたのではないでしょうか」(同)

 くだんのMAKIDAIのドラマも、演技は散々な評価だが、視聴率については、

「前クールの佐藤隆太主演『でたらめヒーロー』よりは数字がいいですからね。それだけ、EXILEが数字を持ってるということでしょう。もし、TAKAHIROさんが主演ドラマをやるのであれば、20%はいくかもしれませんね」(テレビ局関係者)

 各局のTAKAHIRO争奪戦が始まる!?

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング