チャゲアス・ASKAの“薬物中毒報道”で、フジテレビ『27時間テレビ』の舞台裏が大パニックに!

日刊サイゾー / 2013年8月6日 13時0分

写真

 ASKAの“薬物中毒報道”が、今月3~4日にかけて生放送されたフジテレビ系『FNS27時間テレビ 女子力全開2013 乙女の笑顔が明日をつくる!!』にも影響を及ぼしていた。

 今年の27時間テレビは、お笑いトリオ森三中やハリセンボン、オアシズ、友近、柳原可奈子、渡辺直美ら総勢11人の女芸人がパーソナリティーを務めた。目玉企画は、独身女芸人8人がそれぞれイケメン俳優にプロポーズされるというショートドラマ『約1回目のプロポーズ』だった。これは同局の大ヒットドラマ『101回目のプロポーズ』をパロディー化したものだが、主題歌までチャゲアスの代表曲「SAY YES」を使用していたことから、ネット上では「狙いすぎだろww」「なんの因果かww」と波紋を広げる事態に……。

 だが、放送を間近に控えた中での騒動勃発に、現場は大揺れだったという。番組関係者が明かす。

「最初に報じたのは7月中旬の東スポでしたが、その段階では匿名でしたし、何より東スポだったので『どうせ盛ってるだけだろ』くらいに考えていたんです。ところが、その後、『週刊文春』(文藝春秋)が詳細に実名報道したことで、『おいおい、マジかよ!?』という空気になった」

 すでに『約1回目のプロポーズ』で「SAY YES」を使用することは決まっていただけに、担当者は気が気じゃない。万が一、ASKAが逮捕ということになれば「目玉企画でオジャンになる可能性もあった」(同)。

 それだけに、番組スタッフは社会部の記者と連携しながら「本当に(ASKAは)大丈夫なのか?」と念入りに確認していたという。結局、何事も起きずに番組は終了したが、オンエア当日までスタッフが眠れぬ夜を過ごしていたことは容易に想像できる。

 知らないところで、フジの恒例番組もASKAに振り回されていたようだ。


日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング