NHK利権でビクター圧勝! “低迷レコード会社”が『あまちゃん』独占の裏事情

日刊サイゾー / 2013年8月11日 9時0分

写真

 老若男女から人気を博し、視聴率も20%を超えるNHKの連続テレビ小説『あまちゃん』。能年玲奈のみずみずしい演技もさることながら、劇中に登場する楽曲も大きな話題を呼び、続々と関連CDがリリースされている。

 大友良英によるサントラ『連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラック』はオリコンチャート初登場5位、天野春子(小泉今日子)「潮騒のメモリー」は2位と、売り上げも好調。今月28日に発売を控える、劇中歌などを収録したコンピレーションアルバム『あまちゃん歌のアルバム』もセールスに期待できそうだ。

 そんな『あまちゃん』関連CDのほとんどは、サザンオールスターズとSMAPが所属することで知られる老舗のレコード会社・ビクターエンタテインメントからリリースされている。これに対し、音楽業界関係者の間では驚きの声が上がっているという。

「業界におけるビクターの評価は、“歴史はあるけど、落ち目のレコード会社”なんですよ。サカナクションなど若者にウケる中堅バンドが所属しているとはいえ、サザンとSMAPのほかには、“国民的”と呼べるほどのアーティストを輩出できていない。そんなビクターが、まさか『あまちゃん』をほぼすべて持っていくとは(笑)」(ほかのレーベル関係者)

 ビクターから発売されることには、どんな理由があるのだろうか?

「ビクターは、2011年に『みんなのうた』が50周年を迎えたことを記念して発売したアルバムなど、もともとNHK絡みのCDをよくリリースしています。恐らく、NHKに強い担当者がいるのでしょう。あとはもうひとつ、ビクターに所属しているサザンオールスターズとSMAPに――つまり“紅白歌合戦の目玉”に、NHK側が配慮した面もあるのでは?」(同)

 一方で、ベイビーレイズ「暦の上ではディセンバー」(ポニーキャニオン)の発売日が8月21日から9月11日に延期となった。さらに当初は「CDのみの通常版」「CD+DVDの初回限定盤」の2種が予定されていたパッケージも、CDとDVDのセット1種に変更されている。なんらかの圧力がかかっているようにも見える動きだが……。

「発売を延期したことにより、『暦の上ではディセンバー』の音源はビクターから発売される『歌のアルバム』が最初となります。そう考えると大きな力が働いているようにも思えますが、ビクターにそれほどの力があるとは思えない(笑)。恐らくベイビーレイズの所属事務所・レプロエンタテインメントが、NHKとの今後の関係を考えて、自主的に気を遣ったのでしょう」

 長らく低迷の続いていたビクターだが、今年の後半はサザン復活と『あまちゃん』関連CDによって、他社に一泡吹かせることになりそうだ。
(文=木野雪)

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング