「どれだけ脱がすの?」山下智久の肌露出と視聴率が連動する『SUMMER NUDE』に上がり目なし!?

日刊サイゾー / 2013年8月12日 11時0分

 8月3日から翌4日にかけて放送されたフジテレビ系の大型特番『FNS27時間テレビ 女子力全開2013 乙女の笑顔が明日をつくる!!』だが、やたら目立ったのが「アシスタント」の肩書で各コーナーに出演した“山P”こと山下智久だった。

「今田耕司がきっちり仕切っていたので、本当にアシスタントとしてただ立っているだけかと思いきや、ネタ振りや進行までやらされるなど、とにかく画面に映し出される時間が多かった。本来はあそこまで長く出演する予定ではなかったが、山下サイドの意向で出演時間が大幅に延長。そうなったのも、このところ視聴率が伸び悩む、主演の月9ドラマ『SUMMER NUDE』の番宣のためだったようだ」(同局関係者)

 同ドラマは山下のほか,共演女優にいずれも主役級の戸田恵梨香、香里奈、長澤まさみを起用したコテコテの青春ラブストーリー。初回こそ17.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と好スタートを切ったが、第2話が12.8%、第3話が10.8%と急落し、いきなり1ケタ陥落寸前の危機を迎えてしまった。

「第4話では、海パン姿の山下が仲間と戯れるシーンを長々と放送したため、視聴率が回復。山下の肌の露出度と視聴率が連動しているようで、もはやストーリーは関係ないという状態です」(テレビ誌記者)

 そして、翌週放送の第5話は“27時間テレビ効果”を狙ったものの、『27時間テレビ』自体の視聴率が過去最低の9.8%と低迷したこともあり、ドラマの視聴率も11.7%にダウン。となると、今後は山下をどれだけ脱がすかにかかってきているが……。

「山下を担当するのはSMAPのチーフマネジャーを務める辣腕のI女史だが、一部週刊誌などで『今後、山下のシャワーシーンも検討』などと書かれているのを見て、『こんなことやらせるつもりなの?』とキレ気味だそうで、水着姿が限界。女優陣のほうは水着姿すらNGなので、もはや打つ手がない。日に日に『もっとしっかり番宣やんなさい!』とI女史からのプレッシャーがきつくなっているので、制作サイドは視聴率が出るたびに凍り付いている」(別の同局関係者)

 昨年夏に行われたイベントでは、山下は「山P」ならぬエロキャラ全開の「エロP」としてファンを狂喜乱舞させただけに、ドラマでももっとハジけたほうがよさそうだ。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング