“アゲチン俳優”仲村トオルが大放言「プロデューサーを関テレの社長にしてやる!」

日刊サイゾー / 2013年9月3日 11時0分

写真

 来年1月から『チームバチスタ』シリーズの最新作『螺鈿迷宮(仮)』(フジテレビ系/関西テレビ制作)が連続ドラマ化されるが、すでに撮影は佳境に入っている。

「7月の中旬から撮影が始まっていて、10月末のクランクアップをめどに撮影しています。暑い時期の撮影ですから、みなさん大変そうですよ」(ドラマスタッフ)

 ドラマの撮影が始まる直前には出演者の顔合わせがあったのだが、そこで伊藤淳史とW主演を務める仲村トオルがこんな“爆弾”発言をしたという。

「このシリーズが始まった6年前は、伊藤クンを俳優としてさらに飛躍させたいと宣言していましたが、この6年で実際かなり成長して、主演でしか見ないくらいになりました。なので、次はプロデューサーの豊福陽子さんを関西テレビの社長にしたいと思います!」

 そう宣言した瞬間、その場はかなり盛り上がったという。

「仲村さんは、かなり自信満々でした。やっぱり、伊藤クンの前例があるからなんでしょうけどね。ただ、豊福プロデューサーも敏腕で有名ですが、これまでの実績を考えたら、社長というのはなかなか厳しそうな感じがしますが」(芸能事務所関係者)

 豊福プロデューサーのこれまでの代表作といえば『バチスタ』シリーズ以外に、『牛に願いを Love&Farm』や『恋して悪魔~ヴァンパイア☆ボーイ~』『美しい隣人』など、話題にこそなれど、視聴率という意味ではどれも物足りないものばかり。そんな中で、もし本当に社長になれたとしたら、仲村トオルは相当の“アゲチン俳優”ということになるが……。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング