真野恵里菜主演の実写版『機動警察パトレイバー』現場で、筧利夫が“アレ”を200個差し入れ!

日刊サイゾー / 2013年9月5日 11時0分

写真

 今年3月に制作が発表された実写版『機動警察パトレイバー』。今月15日には、台湾で開催された「台湾国際漫画博覧会」でそのビジュアルが披露されたものの、キャストや公開媒体などはいまだに明かされていない。

「原作ファンが多い作品ですし、かなりの超大作なので情報は小出しにする予定だそうですが、すでに6月末から撮影に入っており、10月末にクランクアップするそうです。主演は真野恵里菜さんで、ほかに福士誠治さんや筧利夫さんらも出演します。まず、連続ドラマでやってから、映画化の予定だそうです。なにせ4カ月もの撮影期間がありますから、現場も大変のようですよ」(芸能事務所関係者)

 そんな中、ひときわ存在感を発揮しているのがベテラン俳優の筧利夫だという。

「主演の真野さんはまだ若いので、ベテランの筧さんらが現場を盛り上げています。筧さんは、毎回のように差し入れをしてくれるのですが、先日は『ファイテン』のネックレスを200個くらい持ってきてくれました。なんでも『これを使っていると体が楽だから、みんなも使いなよ!』ということだそうです。1個3,000円はしますから、それだけでも50万円以上の出費ですよ」(映画関係者)

 完成が待ち遠しいところだ。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング