「藤圭子の遺言あった」──宇多田ヒカルが緊急声明も、消えぬ照實氏の“ダミー疑惑”

日刊サイゾー / 2013年9月10日 11時0分

写真

 先月22日に母の藤圭子さん(享年62)を亡くした歌手の宇多田ヒカルが5日、ブログを10日ぶりに更新し、母の弔いは“宇多田家”が中心となって行っていくことを宣言した。

 冒頭でファンや関係者に感謝の言葉を並べると、その後は藤さんの訃報の際、本名を「阿部純子」とした報道が間違っていることに言及。「宇多田純子です。父と離婚後も、母は旧姓の阿部ではなく宇多田姓を名乗ることを希望し、籍も父の籍においたままでした」と説明した。

 続けて、父で音楽プロデューサーの照實氏と藤さんの関係について「夫婦だとか夫婦でないなんてこと以上に深い絆で結ばれた二人でした。(中略)母が最後まで頼っていた数少ない人間の一人です」。喪主は宇多田だったが「(照實氏が)私に代わって、辛い思いをしながらも、父はこの役割を果たしてくれました」と擁護した。

 このほか葬儀は行わず火葬のみとなった理由についても、生前に藤さんが残したという遺言書に沿った形で行ったと釈明。最後は「私も藤圭子のファンでした。今も、この先もずっとファンであり続けます」と結んだ。

 このタイミングで宇多田が“緊急声明”を出した背景には、2週連続で「週刊文春」(文藝春秋)が“照實氏叩き”をしていることが関係している。先月29日発売号では実兄の藤三郎氏がインタビューに応じ、照實氏が“宇多田利権”を抱え込もうと周囲を排除した結果、孤独に駆られた藤さんの投身自殺につながったと告白。5日に発売された最新号では藤さんの叔母も同調し、遺骨は照實氏が推し進める宇多田家ではなく、生家の阿部家の墓に納めるべきであると主張した。

「照實氏はこうした報道に頭を悩ませ、さらに自分のスキャンダルが出ないか心配していた。血のつながった実の娘を担ぎ出し、一連の報道にクギを刺す狙いがあったとウワサされています」(ワイドショー関係者)

 ブログ更新日が文春発売日と同日だったことも、“疑惑”に拍車をかけている。

「図ったかのようなタイミング。ただ、ロンドンに戻ったといわれる宇多田さんが、文春のネガティブキャンペーンを相殺するためにこのような声明を出すのかなぁ、という疑問は残る。彼女のツイッターであれば信用できるけど、ブログが更新されたのは照實氏が代表を務める有限会社『U3 Music』内でのこと。照實氏が騒動を収束させるために、娘の“威光”を利用した可能性も捨て切れません」(週刊誌デスク)

 文春側も、このまま黙っているとはとても思えない。騒動は収束するばかりか、さらに過激さを増しそうだ。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング