大江麻理子不在、大橋未歩は復帰でも……世代交代進まぬテレビ東京“人気女子アナ”事情

日刊サイゾー / 2013年9月18日 9時0分

写真

 今年1月から軽度の脳梗塞で療養していたテレビ東京アナウンサーの大橋未歩アナウンサーが12日、都内スタジオで収録された特番『やりすぎ都市伝説スペシャル2013秋』で番組復帰を果たした。

 大橋アナは3日に職場復帰していたが、復帰後初の番組出演に「待っていてくださった皆様には、感謝の思いでいっぱいです」と喜びのコメントを寄せた。また、今後の活動について「どれだけ血圧が上がっても大丈夫な体に作り直してきましたので、今後は一層、皆様と楽しい番組を作っていけるように努めて参りたいと思います」と意気込んでいるが……。

「とはいえ、再発の恐れもあるでしょうから、今後はかつてのような無理はできないと思いますよ。彼女は民放キー局の中にあってマイナーなテレ東を長らく引っ張ってきたので、局としても痛いでしょうね。人気“ツートップ”の片割れだった大江麻理子アナもニューヨーク勤務だし、帰国後はバラエティではなく報道畑を中心に活動するようですから、彼女たちに続く“全国区”の人気女子アナの登場がまたれるところです」(スポーツ紙記者)

 大橋、大江ほどではないが、それなりの知名度のあるテレ東の女子アナといえば、元モーニング娘。の紺野あさ美や『ゴッドタン』の松丸友紀、大江アナから人気番組『モヤモヤさまぁ~ず2』を引き継いだ狩野恵里、『A×A ダブルエー』の秋元玲奈と相内優香といったところか。

「小粒な感は否めないですよね(笑)。少なくとも大橋や大江のように、フジテレビの女子アナに伍して“人気女子アナランキング”に登場するほどではない。テレ東としては、大橋と大江の後継者の育成が急務でしょうね。大橋はそれまでの“つなぎ”として、療養前ほどとはいわないまでも、当分は活躍せざるを得ないでしょう」(同)

 まだまだ“テレ東の顔”として、局の期待がその双肩にかかりそうな大橋アナだが、健康には十分留意してほしいものである。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング