剛力彩芽もビクビク!? 「おいコラ!」怒号飛び交うTBSドラマ『クロコーチ』撮影現場

日刊サイゾー / 2013年10月29日 9時0分

写真

 昨今、パワハラや体罰問題が世間を騒がせている中、ドラマの撮影現場でも同じようなことが起こっているという。

「長瀬智也さん主演の『クロコーチ』(TBS系)なんですが、この前現場に行ったら、罵声というか怒声が飛び交っていてビックリしました。そのドラマには、剛力彩芽さんや香椎由宇さん、河北麻友子さんといった若い女優さんもいるのですが、ディレクターがセカンドとかサードのディレクターに向かって『おいコラ!』とか『てめぇ!』とか大声で怒鳴るので、そのたびに彼女たちはビクッとしていましたね」(ドラマスタッフ)

 もともと、ADの世界で殴る蹴るといったのはよくある話だが、それはあくまで舞台裏での話だという。

「基本的に、タレントさんの前では、そんなにあからさまなことはしないんですけどね。エキストラの人などもいると、最近だとTwitterやFacebookでそういう情報が出てしまいますから。最近はAD志望の人も減ってきてるので、こういう現場は珍しいですよ」(テレビ局関係者)

 実際、離職率も高く、今では外国人の派遣ADもいるという。

「テレビ業界に憧れて入ってくる人が多いのですが、3年続く人はそういないですね。特に最近の若い人の中には、ちょっと怒られただけで辞める人もいますからね。それを考えると、この『クロコーチ』の現場みたいにタレントさんの前で怒鳴り散らすというのは、問題外ですよ。僕らも局員、制作会社問わず、教育していかないといけないんですけどね」(同)

 人の育て方を“コーチ”しないといけないのは、どこも同じなようだ。


日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング