『海の上の診療所』武井咲が“忽那汐里と手つなぎデート”松田翔太と共演NGにならなかったワケ

日刊サイゾー / 2013年10月30日 13時0分

写真

「今にして思えば、“ありえない”組み合わせですよ」

 そう語るのは某芸能マネジャー。今クールのフジテレビ系の月9ドラマ『海の上の診療所』のキャスティングが、ちょっとした話題となっている。

 同作は瀬戸内海で約50年前から無医島を巡る病院船「海診丸」を舞台にした、医師や看護師たちの物語。優秀な医師でありながら、女性にホレやすい性格の主人公・瀬崎航太を松田翔太、男勝りな看護師・戸神眞子を武井咲が演じる。

 共に月9の“大役”は初だが、前出芸能マネジャーは「問題なのは、今年2月に武井さんの所属事務所・オスカープロモーションの先輩に当たる忽那汐里さんが、松田さんとの“手つなぎデート”をフライデーで報じられたこと。共に交際は否定していますが、少なくとも忽那さんは本気だったようです。後日談ですが、デート報道後、松田さんがオスカーを訪問し、写真誌に撮られてしまったことを謝罪。その場で『もう会わない』と約束したそうです」と明かす。

 すったもんだがあった以上、しばらく松田と武井含むオスカーの所属タレントは“共演NG”になるのが慣例だが……。ドラマ関係者によると「今年初めの段階でキャスティングが決まっていたので、どうしようもなかったそうです。その代わり、武井さんには事務所から『松田翔太には気をつけろ』と指導があり、撮影以外のプライベートで接触を持たないよう事務所スタッフが細心の注意を払っているそうです」という。

 女好きで知られる松田も、こうした空気は肌で感じている。

「せっかく地方ロケが多いのに、こうもガッチリとガードを固められては、やる気がなくなりますよ」(ドラマ関係者)

 “無気力演技”につながらなければいいが……。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング