日本一でもブチ切れる楽天“闘将”星野仙一監督が、マスコミに総スカン

日刊サイゾー / 2013年11月6日 16時0分

写真

 11月3日、球団創設9年目で初の日本一に輝いた東北楽天ゴールデンイーグルス。7戦までもつれ、憎っくき読売ジャイアンツを倒した星野仙一監督は試合後、「東北の子どもたち、被災者のみなさんに勇気を与えてくれた選手を褒めてやってください!」と興奮気味に話したが、その裏ではまたしても日本一にふさわしくない“ブチ切れよう”だったという。

 3-0とリードした9回、絶対的エース・田中将大が登板し、最後のバッターを空振り三振で抑えゲームセット。無数の白い風船が飛び交う中、ナインたちはマウンドに駆け寄り抱擁。時折、強い雨が降るグラウンド上で自身初の日本一の栄冠をゆっくりとかみしめた指揮官は、東北の夜空に9回舞った。

 ところが、だ。事件はその直後に発生した。シリーズの各タイトルの表彰後、記念の写真撮影を行う段取りになったのに、敢闘賞を受けていた巨人・長野久義がいなかったのだ。

「ちょうど同じタイミングで、原辰徳監督を先頭に巨人ナインは、詰めかけたライトスタンドのジャイアンツファンのところへ行き、頭を下げていた。ここに長野が勝手に参加してしまい、撮影に穴があきそうでした。これに指揮官が『おい、いつまで待たすんや!』と、スタンドに残ったファンにも聞こえる声量で大激怒。結局はWBCの宮崎キャンプの時も報道陣からクレームが殺到した、NPBのダメ広報担当者のまずい仕切りが原因なのですが、慌てて戻ってきた長野は星野監督に平謝り。それでも、機嫌は悪いままでした」(スポーツ紙プロ野球デスク)

 その後、共同記者会見→ビールかけ→テレビ各局の番組出演をこなした星野氏。だが、ここでも報道陣に「あー、なんでこんなたくさん人がおるんや!」と怒りMAX。一挙手一投足を追う番記者たちに「おまえら、ジャマや!」と、まったく冗談でない鬼の形相で蹴散らした。それでも、野村克也元監督が出演した『S☆1』(TBS系)では、ニコニコした笑顔で対応したが、“被害”を受けたマスコミ陣からは総スカン。

「マスコミ陣は、今にも殴られるんじゃないかって、ビクビクしてましたよ。日本一の“おめでたムード”も一瞬で冷めてしまった」(前出デスク)

 シーズンを通して追い続けた記者たちは、「一緒に喜びたかったのに」(同)というのが本音だっただろうに……。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング