「ペニオク騒動は終わってなかった!?」東尾理子、今井メロ……ブログで商品を“ステマ”し続ける芸能人たち

日刊サイゾー / 2013年11月7日 20時30分

写真

 昨年末、小森純、熊田曜子、ほしのあき、ピースの綾部祐二など多くの有名タレントが加担していたとして大騒動となった、ペニーオークション詐欺事件。

 問題のペニオクサイトへの誘導元となった「Amebaブログ(以下、アメブロ)」が、1月に有名人・芸能人ブログを対象に“記事”と“広告”を分けるための「PRマーク」を義務付けたこともあり、世間からのバッシングもほぼ収まった印象だ。

 また、長らく活動を自粛していた小森は、9月に『オールスター感謝祭』(TBS系)で本格復帰。出産を理由に休止していた熊田も、夏頃から『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)や、『もてもてナインティナイン』(TBS系)に出演し、ママタレとして活躍している。

 すっかりほとぼりが冷めたような様子の芸能界だが、実は“疑惑”のブログは未だに多数存在する。

 たとえば、石田純一の妻で、育児中の東尾理子。彼女は「PRマーク」を付けずに、たびたび自身がイメージキャラクターを務める健康食品や化粧品を紹介。先月25日にも、「今日は契約して頂いている美的ヌーボが家に届きました」「毎月お届けコースが初回1,000円OFFになるクーポン、今回は『2610』で11/10迄とのことです。是非使ってくださいね」などと、商品購入サイトへ誘導している。

 また、先月30日に「心臓と脳の異常が原因で倒れた」とブログで報告し話題となったタレントの今井メロも、以前からステマの疑いがある一人。先月10日には、酵素入りジュースを紹介し、「水素が入ってるから酵素も水素もWで摂取できていろいろ欲張りたいダイエットにはイイことづくし」「よく見たら『生サプリ』がついてくるお得なコースがある!!」などと、購入サイトへ誘導。26日にも、骨盤ショーツを紹介し、自ら着用したセクシーな写真を掲載している。

 この2人が、見返りとして金品を受け取っているか否かは不明だが、もしアメブロの規定に違反しているとしたら、ファンを騙していることになるのではないだろうか?

 今井のブログについて、アメブロを運営するサイバーエージェントの広報に問い合わせると、「弊社では芸能人・有名人がアメーバブログ内で企業の商品などのプロモーションを行う場合、専用の『PRマーク』を表示することを義務付けています」としながらも、今井の問題の投稿については「弊社は一切関与しておらず、今井さんご本人の判断で執筆された記事となります。現在、今井さんは事務所に所属されていないため、ご本人に対し、ガイドラインの違反にあたるとして、過去に2度ほどメールにて警告のご連絡をしております」という、責任転嫁とも取れる回答が戻ってきた。担当者は、今井と連絡が取れ次第、「記事削除などの対応を検討中」だというが、数カ月も放置されている現状を見ると“徹底した管理”とは程遠いといえる。

「PR記事を掲載する場合、必ずアメブロ運営会社を通さなければいけないルールがあるのですが、東尾さんと今井さんは、企業や代理店と直接やり取りをしている可能性があります。運営会社を通したPR記事は、1商品につき5~300万円が支払われ、毎月数百万円を稼ぐ芸能人も多い。芸能人からすれば、大きな収入となり、アメブロ側からしても、ネットニュースに名前が上がりやすい東尾さんや今井さんのような芸能人には、自社のブログを使い続けてほしい。双方に旨味があるため、半ば放置されているのでしょう」(芸能記者)

 もはや、芸能人ブログの独占市場となっているアメブロ。騒動直後に「『PRマーク』を義務付ける」と約束した限り、徹底する責任があるのではないだろうか?

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング