まるでヤカラ!“天皇不敬騒動”山本太郎議員の「新潮記者恫喝動画」がヒドすぎると話題に

日刊サイゾー / 2013年11月11日 11時0分

写真

 園遊会で天皇陛下に手紙を手渡して大騒動となった山本太郎議員が、このほど“アンチ太郎”の急先鋒である「週刊新潮」(新潮社)の記者とガチンコバトルを繰り広げ、その一部始終が動画サイト「YouTube」などにアップされ大炎上している。

 事の発端は、不敬騒動を機に山本議員がワイドショーなどで「陛下に会うのはかなわないので、二重橋でいつも謝っている」と発言したこと。徹底的な取材で知られる新潮は「本当に謝っているのか?」と裏取りを開始。イケイケのT記者が早速、山本議員を二重橋前で“捕獲”したのだが……。

「T記者が同行者と談笑する山本議員に対し『毎日お詫びしていると言っていたが、ウソじゃないのか?』と問いただしたところ、山本議員と同行者が激怒。同行者は山本議員の頭を下げている動画を撮影しており、記者に『そんな失礼な言い方あるか!』とブチ切れたんです」(事情を知る人物)

 と、これだけ聞けば新潮記者に非がありそうだが、山本サイドがアップした動画はネチネチと、時には怒声を上げて記者を吊るし上げる様が鮮明に映っている。

「終始恫喝していた同行者は、横川圭希という男性で“山本太郎を支援する一個人”と主張していますが、山本議員の政策会議に出席するほど関係性は濃い。その男の振る舞いはまさにヤカラで、記者に『(俺の名前を)書いたら、どこまでも追い詰めてやるからな!』とヤクザまがいのセリフで脅すシーンもありました。山本議員もテレビと違って『私の話に答えて下さいよ』や『また話、変えましたよね』『顔洗って出直してきてくださいよ』など、相手を挑発するイヤ~な感じでした。山本サイドは、新潮記者の無礼な取材を糾弾するためにこの動画をアップしたのでしょうが、まったくの逆効果ですよ」(社会部記者)

 実際、ネット上では新潮記者よりも、山本サイドのガラの悪さに対して批判的な書き込みが目立つ。ワイドショー関係者は「そもそも、なぜ山本議員が頭を下げている動画を撮っているのでしょうか。1人で行けばいい話でしょ。現場にはほかのマスコミもいたようですし、パフォーマンスと言われても仕方がないのでは?」と話す。

 まさかの“自爆”で、山本議員の風当たりは強くなるばかりだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング