「続いてた!!」矢口真里に“クローゼット間男”梅田賢三とラブラブ同棲報道 一途キャラでイメージ回復か!?

日刊サイゾー / 2013年11月12日 9時0分

写真

 不倫離婚騒動後、先月13日に芸能界の無期限休業を発表した元モーニング娘。の矢口真里(30)が、離婚の原因となった“クローゼット間男”ことモデルの梅田賢三(25)と焼肉デートをする姿が、12日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)に掲載された。

 この2人のツーショットが撮られたのは、初めて。写真は、笑みを浮かべながら仲良く外を歩く姿など数点で、今月2日に、矢口の自宅マンションから出てきた2人は、近所の焼肉店で食事を済ませると、再びマンションへ戻っていったという。

 また、同誌記者は、先月24日、30日、今月7日にも、矢口の自宅マンションを出入りする梅田の姿を目撃。近隣住民の証言などによれば、2人はすでに同棲しており、矢口の離婚から半年となる12月以降に結婚する可能性もあるとしている。

 不倫から始まった梅田との関係が、火遊びではなく、真剣交際である可能性が浮上した矢口。今後の芸能活動に、影響はあるのだろうか?

「今回の報道を受け、世間からは『同棲する前に、迷惑かけた人に謝罪しろ』『神経図太すぎ』『自分勝手』といった批判や、『やぐっちゃん、一途だなあ……』『一気に好感度上がった』『不倫は問題だけど、2人が本気なら応援したい』という好意的な声も。早ければ、来年にも復帰すると言われている矢口さんですが、今回の報道は、落ち切ったイメージの回復につながるかもしれません」(芸能関係者)

 現在も孤独な籠城生活を送っていると思いきや、一転して恋人と幸せな生活を送っていることが分かった矢口。今後も、2人の行方から目が離せなさそうだ。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング