「田村正和さんが亡くなった──!?」マスコミの間で駆けめぐった怪情報の結末は……

日刊サイゾー / 2013年11月14日 19時0分

写真

 来年1月のテレビ朝日開局55周年ドラマ『松本清張ドラマスペシャル 三億円事件』に主演する俳優・田村正和に“死亡説”が駆けめぐり、マスコミを騒然とさせた。

「田村正和が亡くなったそうだ」

 そんな情報が流れたのは、今月12日の昼すぎ。老いを感じさせない毛髪量が自慢の田村だが、気付けば御年70。最近はビールのCMで見かける程度で、本人の動向はまったく聞こえてこなかった。さらに、テレビ関係者からは、こんな気になる情報も……。

「ここ数年で一気に老いた感じ。もともとドラマの撮影現場でも静かで、まったく動かない人なのですが、ついにはイスに座ったまま、スタッフがイスごと田村さんを持ち上げて移動するようになりました(笑)。ずっとノドの調子が悪く、セリフがかすれて何を言っているのかわからないこともある。大御所だけに、誰も文句は言えませんがね」

 “死亡説”を聞きつけ、都内の自宅には複数のマスコミが集まったというが、主は不在。果たして真相は──。

 ワイドショースタッフによると「田村さんのマネジャーからその日のうちに電話があり『生きてます!』とのことでした。先週まで地方でドラマを撮影して、週末には飲みにも行っているそうですよ。ただ、年齢的なこともあり、仕事は厳選しているようですが」という。

 火のない所に煙は立たないとは言うものの、過去には志村けんや加藤茶が、めっきり姿を見なくなったという理由だけで“死亡説”を流されたこともあった。まずは一安心といったところだ。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング